服にカレーがコーヒーが!「水でトントンは避けたい」シミ応急処置2種

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春といえば、“白ファッション”が着たくなる季節。せっかく新調した白ワンピースが、外出先での食事中に、赤ワインでシミになったり、コーヒーをこぼしてしまったりしたら……気分は最悪でしょう。

一度ついた汚れは、帰宅してから洗濯しても、手遅れになる可能性が。ハンカチやティッシュでポンポン叩いただけで安心していた人は要注意です。

特に汚れが目立ちやすい春物ファッションを安心して楽しむためにも、応急処置は知っておくべき! そこで今回は、美容ライターの筆者が、外出先でのうっかりつけてしまった汚れの対処法をご紹介します。

 

■1:赤ワインやコーヒーなど、水溶性のシミには炭酸水

食事が盛り上がると話に夢中で、手元のグラスをこぼしてしまうことありますよね。赤ワインやコーヒー、醤油などは、水や洗剤で落ちやすい“水溶性”の汚れに分類されます。

おしぼりやティッシュでポンポン叩くだけでは薄まったように見えて、汚れを広げてしまっているかも。

ここで紹介する応急処置は、レストランやカフェなら置いてあるであろう“炭酸水(無糖)”を使用する方法です。

乾いたティッシュやハンカチをシミの裏に当てて、炭酸水を含ませた布でシミ部分をトントン叩きます。すると裏に当てた布にシミが移るように落ち始めます。この時に擦ってシミを広げないように気をつけてくださいね。

 

■2:カレーや口紅など、油性のシミにはクレンジングオイル

上記の水溶性のシミに比べて、“油性”のシミは油分を含んでいるので、水で落とそうとすると汚れが繊維に染み込んでしまったりと厄介です。

例えばカレーやチョコレートのような固形物がうっかり付着した場合は、すぐさま取り除くことが大事。残ったシミには、“クレンジングオイル”で応急処置すると効果的です。

水溶性のシミと同じように、裏に当て布をして、クレンジングオイルを付けた布でトントン叩くだけ。もしも無い時は、トイレに置いてある石鹸で代用もできます。

できればこの後、その場でシミ部分を水洗いしたいところですが、難しければ水で濡らした布で同じように叩き、汚れを抑えてください。

 

衣類についた汚れはとにかく「早く」「広げない」応急処置が鉄則。放置したままでいると、落ちる汚れも頑固にこびり付き、落ちなくなってしまうので気を付けたいですね。

 

【関連記事】

※ ゲッ…これ私の口臭!? 二度着け厳禁「マスク内の嫌~なニオイ」対策

※ 人気の「カシミア」を自宅で洗おう!風合いキープのお手入れ術

※ 外出先でクサッ!「頭皮のニオイ」を瞬時に消せるお助け3アイテム

※ 初デートでは避けて!「オシャレだけど男ウケしない」春トレンド4つ

※ この春、絶対外さない!「センスいいね」と言われる注目ITEM3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ピンと来たらやばい!みるみる老ける「年齢乾燥肌」のサイン3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ 3位ベッキーより嫌「身近にいても付き合いたくない」女性芸能人1位は

※ 3時のオヤツで美女に!? 働き女子の「キレイになれる間食の掟」2つ

 

【画像】

※ Photographee.eu / Shutterstock