ヨーグルト…だけじゃない!「運動で腸内環境が改善」研究で判明

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腸を健康な状態にすることの大切さは、女性ならば誰もが知っていることです。そして腸のためにできることといえば、ヨーグルトや納豆など食事面でのケアが有名。

しかし腸内環境を良くするためには、運動も大切なんです。運動をすることで良い細菌が腸内に形成されると、様々な実験でも明らかになってきているのです。そんな運動による、腸活についてお伝えします。

 

運動で良い腸内細菌が増える!?

米コロラド大学ボルダー校の研究者たちが、ラットの運動量と年齢、腸内細菌の内容について分析し、それらに関連性があるか研究を行いました。

すると、自主的に毎日運動していた若いラットは、運動をしないラットや大人のラットに比べて、体にとって良い細菌“プロバイオテクス”が形成されているとわかったのです。

人間の場合でも同じことが当てはまると予想できますが、どのくらいの年齢のときに運動を行うと腸内細菌に良い影響をもたらすのか、という点についてはまだ不明です。

しかし、アイルランド大学の別の研究で、運動量の多いラグビー選手の腸内細菌を調べたところ、一般男性と比べて良い細菌群を持っていると判明しています。

つまり、運動を行うことと腸内細菌や腸内の環境を良くすることには、密接な関係があると言えるのです。

 

運動が人の体へもたらすメリット

適度な運動を行うと全身の血行を促進し、体のすみずみまで血液や栄養が行き届くことになり、同時にリンパの流れも良くなります。こんなことが、もしかしたら腸内の細菌にも良い影響を与えているのかもしれません。

また運動は、免疫力のアップや冷え症予防、美肌効果、ストレス解消などとさまざまなメリットをもたらしてくれます。

さらに過去記事の「痩せるだけじゃない!運動は“脳の活動をぐぅ~んと高める”と判明」でも紹介していますが、運動は脳の神経細胞を増やしたり、脳の活動を活発にさせるなど、脳にも良い影響をもたらしてくれるとわかっているんです。

 

こんな数多くある運動のメリットの中に、腸内環境の改善もあるとわかったなら、やはりできる範囲で運動を日常生活に取り入れていきたいものですね。

運動が苦手な方でも簡単にできるエクササイズは、過去記事「1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ“体幹トレーニング”」「1日10秒!運動嫌いでもラクラク“お腹&太もも”ストンと痩せエクサ」を参考にしてみてください。

 

【関連記事】

※ 最強の1分朝活!肩甲骨ストレッチで「1日中脂肪が燃えやすい体」に

※ 体格2割増しに見える原因は…「肩肉」!今すぐやめたいNG習慣2つ

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ピンと来たらやばい!みるみる老ける「年齢乾燥肌」のサイン3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

 

【姉妹サイト】

※ 花粉シーズンは女子の「可愛さ4割減」アレルギーに打ち勝つ食品4つ

※ オトナ女子なら極めたい!「職場の苦手な人」への神対応トップ3

 

【参考】

Early-life exercise alters gut microbes, promotes healthy brain and metabolism – University of Colorado Boulder

Exercise and associated dietary extremes impact on gut microbial diversity – Gut

 

【画像】

※ Ariwasabi / Shutterstock