「ほうれい線のファンデだまり」を絶対阻止!夜までツルンなメイク術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノーメイクのときより、夕方ファンデーションがたまったときの方が目立つ“ほうれい線”。ほうれい線がくっきりしていると、年齢が高めな印象を与えたり、疲れて見えたりしてしまいますよね。

そんな“ほうれい線にファンデーションだまり”ができてしまう方は、下記の要領でメイクをしてみてください。

 

■1:指先で伸ばしながら

ファンデーションを塗るときは、“指先で軽くほうれい線を伸ばしながら”がポイントです。そして、厚塗りにならないように気を付けること。

他のパーツと同様に塗っていては、夕方ファンデーションだまりができやすくなります。

 

■2:微細ラメ入りパウダーでほうれい線を飛ばす

ファンデーションを塗ったら、次は微細ラメが入ったフェイスパウダーの出番。ほうれい線の上をブラシでひと掃きしましょう。そうすることで、光がほうれい線を飛ばしてくれます。

ブラシを何度も往復させては、粉っぽくなって余計にほうれい線を目立たせるので気を付けましょう。

 

■3:フェイスパウダーは最後に

フェイスパウダーを使う方は、ほうれい線に微細ラメ入りパウダーをのせた後に。ポイントは、ほうれい線の部分には重ねないこと。せっかくの微細ラメが落ちたり隠れたりして台無しになってしまいます。

 

これなら明日から実践できそうですよね。「ほうれい線対策に!“ベロ回し体操”で得られる嬉しい効果5つ」で紹介している体操とあわせて、憎きほうれい線をなかったことにしちゃいましょう。

 

【関連記事

※ 今すぐやめて!5年後…激ヤバ「目の下がシワシワになる」10のNG行動

※ ほうれい線よ…3月にはサラバ!「たるみに一撃」3つの簡単エクサ

※ 男はキス直前…そこを見ていた!「目尻のシワ&ほうれい線」対策術

※ 60秒でくっきり「ほうれい線」を消し去る!ペットボトルエクサ

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ 2位misonoよりデキなさそう…「部下にしたくない女性芸能人」1位は

※ 自信を持って!実は「女性の方がリーダーに向いている」納得の理由3つ

 

【画像】

※ KOBRIN PHOTO / Shutterstock