悲惨な「ニキビ跡」をなかったことに!こっそり隠す…タイプ別対処法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナチュラルメイクが主流の現代。ファンデーションの厚塗りはナンセンス。男女問わずに不評ですよね。ですが、肌にトラブルを抱えている方にとって、ナチュラルメイクは「ハードルが高い」と感じるのではないでしょうか。特に、ニキビ跡を隠しきれなかったり……。

そこで今回は、コスメコンシェルジュの資格を持つ筆者が、ニキビ跡を目立たなくするお手入れ法についてお話していきたいと思います。

 

■1:赤みが残った場合

ニキビは治ったけれど、赤みが残ったまま。ニキビの膨らみが落ち着いた後に生じがちな肌トラブルですよね。

赤みがあるニキビ跡には、ビタミンC誘導体や、抗炎症効果のある成分が配合されたスキンケアアイテムを使うことをオススメします。

 

■2:色素沈着した場合

ニキビ跡が日焼けすると、“炎症後色素沈着”になります。いわゆるシミ……です。この状態になると消えにくいので、日頃から紫外線対策をしっかりとすることを心がけてください。

そして、美白効果のあるスキンケアアイテムでお手入れをしましょう。ピーリングも効果的です。

 

■3:クレーターになった場合

赤みや色素沈着と比べて、肌の奥深くまでダメージが及んだときにできるのがクレーター。

クレーターになってしまったら自分でケアしようとせず、クリニックでピーリングやレーザー治療を受けたり、レチノイン酸配合の塗り薬を処方してもらったりすると良いでしょう。

 

以上、タイプ別にニキビ跡を目立たなくする方法をお伝えしました。ニキビ跡にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

【関連記事】

※ 見た目年齢が5才は違う!「チークを入れる正しい位置」とは…

※ 一気食いorチョコチョコ食い…「ニキビ」に直結するスイーツの食べ方は?

※ 春先の肌は…超敏感!「バリア機能をみるみる弱める」NGケア4つ

※ 見た目年齢が+5歳!びろーんと「毛穴がたるむ」悪習慣チェック

※ 深田恭子のキレイの秘密!イイことだらけ「女の温活」お手軽5つ

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ 2位石原さとみより鉄メンタル?「気が強そうな女性芸能人」1位は

※ ちょっと待て!「結婚相手としては避けたい」危険な男のNG特徴3つ

 

【画像】

※ Evgeny Atamanenko / Shutterstock