その外見磨き…実はムダ!? 「男の性から考える」リアル婚活テク5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活が上手くいかないと悩める女子の皆さん、ひょっとしたらあなたは無駄に努力しているのかも。

そこで今回は、男の新行動学“ちんころじ~”の提唱者で、“10秒で自分の市場価値がわかる理論”など、女性必読の情報で成婚者を続出させている異色の婚活本『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』の著者である仁科友里先生に、婚活中の女性がすべき外見磨きテクについて取材をしてきました!

 

■実は違う“理想の女性像”

仁科先生によると、理想の結婚したい女性像として、“料理上手”、“男をたてる”、“白いワンピース”の三つが一般的な解釈。ところが、この解釈は実は間違っているのだとか。

「女性から見ると、あざとくて性格も良いとは思えない子が、男性に大人気ということはありますよね?そんな時、女性はつい自分の尺度で“見る目がない”と思いがちですが、この違いを理解することが、重要なのです」とのこと。

 

■“性的メリット”を優先する男

なぜ男性が、女性から嫌われるタイプの子に魅かれるのでしょうか?

「それは、男性が“性的メリットを優先する”からです。女性は男性の内面と外見を分けて考えますが、男性にとって、内面とは外見とイコールなのです。この男女の違いを、男性が持つアレにからめて、“ちんころじ~”と命名しました」と説明する仁科先生。

つまり、性的に魅力的な外見作りを整えることが大切。といっても単なるエロい格好をしたり、簡単に肉体関係になってしまったりすると、真面目な交際には至らずセフレ止まりになってしまうと仁科先生は警告します。

要は、婚活には趣味や仕事で自分磨きをするよりも、外見で性的に男を魅了して男をたくさん引き寄せ、男のメリットであるセックスを簡単に与えずに、その中で一番良い結婚相手を見つけるのが有効なのだそう。

では具体的には、どのような外見が男を引き寄せるのでしょうか?

 

■婚活にオススメの外見作りテク5つ

女性のために作られたファッション誌を参考にするよりも、男性が読むグラビアを活用したほうが男性目線の外見作りに役立つそう。外見作りのポイントは以下のとおり。

(1)靴・・・女性を一番きれいに見せてくれる7cmのヒールがオススメ。

(2)香り・・・全身の香りを統一する。凝った香水よりも、石鹸のような淡い香りが一般ウケする。

(3)肌・・・グラビアで見るような柔らく透明感のある肌を実現するために、ベースメイクにこだわることが大事。シミがある場合は、レーザーでとるなどの対策を練るのもオススメ。

(4)髪・・・トレンドよりも小顔に見えるツヤツヤの髪を目指して。合コンやデート前には、サロンでヘアマニキュアやトリートメントが効果的。

(5)洋服・・・体のラインを“感じさせる”格好で露骨に見せては駄目。ファッションは“普通”が男ウケする。

 

いかがでしたか? 男目線から捉える婚活、ぜひ役立ててみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 男性がこぞってノックアウト!モテる女の「笑顔の法則」3条件

※ 彼がドハマリ!言葉でメイクで「余韻を残す女」になる3つの魔性テク

ズルいほどの陶器肌!「すっぴん美肌女子」は絶対しないNG習慣5つ

深田恭子もバングス変えた!「アラサーのパッツン前髪」3つの掟

婚活中の女性必見!男性モテNo.1の「婚活必勝ファッション」とは

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ 石原さとみが2位!人相学による「女優モテ眉ランキング」納得の1位は

※ 友人からも村八分…!? どんなに仲良しでも避けたい「恋愛相談」NG3つ

 

【取材協力】
仁科友里・・・会社員を経てフリーライターに。OL生活を綴ったブログが注目を集め、2006年に『もさ子の女たるもの』(宇宙版)でデビュー。現在、『サイゾーウーマン』『女性セブン』『週刊文春』などにタレント論、女子アナ批評を寄稿中。自身のブログ(『もさ子の女たるもの』)、Twitter(@_nishinayuri)で、男性の本音を読む行動学“ちんころじ~”を提唱し、恋愛・婚活に悩む女性たちの相談に答えている。

 

【参考】
※ 仁科友里(2015)『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)

 

【画像】

※ © maridav / 123RF.com