恥ずかしくても…やった人から確実キレイに!「自分研究」3ステップ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「裸になって、毎日鏡で全身をチェックしています!」という言葉、耳にしたことがありませんか。でも、そんなの綺麗な芸能人がすることと思っている方も多いはず。確かに始めは抵抗があるかもしれませんが、自分に自信がないからこそ“自分研究”をすることに意味があるのです。

今回は、現役モデルとして活動する筆者が、“自分らしさを知って、自信が持てるようになる3ステップ”をご紹介します。

 

■ステップ1:ナルシストでOK!鏡を使って色んな角度から研究する

まずは、大きめの手鏡を使って顔をじっくりと研究しましょう。

モデルさんが左右どちらかを“得意な利き顔”として把握しているように、左右、上下と色んな角度から見ていきます。輪郭、肌の色、目の形など細かく見つめ直すことで、凹凸の付け方など、メイクの仕方にも新たな工夫ができるはずです。

全身では、いつもの立ち方と綺麗に見える立ち方の両方を研究します。「こんなに首が出てたかな?」と、姿勢の癖を見直し、左右でくびれが違うなど、歪みを早く発見することにも繋がります。綺麗に見える立ち方を見極めたら、その姿をしっかりと記憶しましょう。

 

■ステップ2:人のまねはもうおしまい!自分に似合うものを知ろう

有名人のファッション、メイクなど、なりたいイメージをまねしてみる手もあるかもしれません。しかし骨格や体形、顔のつくりも人それぞれ。髪色や長さだけでなく、メイクの濃淡によっても印象はがらっと変わります。

例えば、蒼井優さんや深津絵里さんのようなナチュラル系の雰囲気をまねしたくても、人によっては、ただの手抜きメイクに見えてしまうかも……。

また、カジュアルな服装が好みでも、身長や体形によってはキレイめのワンピースが自分をより良く見せてくれる場合もあります。バッチリ決めたい日と、好きなものを身に着ける日とで、気分を分けてみるのも良いですね。

 

ステップ3:第三の目を持つ!自分を客観的に見る練習

まずは、過去の自分の写真をたくさん見てください。今日から自撮りの写真をためておくのもいいでしょう。ヘアメイクや表情を写真で見て観察することで、自分を客観的に見ることができます。

また、電車の中でこっそりと他人を研究することも非常に役に立ちます。

この人は前髪があった方が似合う、眉毛をもっとしっかり描くと顔の印象がしっかりするなど、他人の改善点を自分だったらどうプロデュースするか考えます。逆に、魅力的に見えるところは何故そう感じたかを考えることも大切です。

これらを続けていくと「今自分がどう見えているか」を俯瞰で見る、第三の目が養われていきます。

 

以上の3ステップに加え、時には“私が世界で一番可愛い女性”と思い込むこともとても大切です。自分と向き合い研究し、女性としての自信をつけていきましょう。

 

【関連記事】

※ 10年後…後悔しても遅い!? 「お肌の老化が加速する」NG行為5つ

※ 舞台裏で見た!愛され女優は口にしない「人から嫌われる」NGワード集

※ 脱テンパリ人生!面接にプレゼン…「緊張を自信に変換する」コツ3つ

※ メイクに自信がある人は1.9%!マンネリメイクから脱出するコツ

※ メイクだけで「一重を二重に見せる」!舞台女優の魔法テクを公開

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ 化粧男子はいまや常識!? 「男のファンデ」に賛成な女子の数はなんと…

※ 買って夏まで着倒せる!「コスパ抜群」ファッションアイテム3つ

 

【画像】

※ 薮田織也 Oliya T.Yabuta