クマもくすみも…サクっと解決!「コントロールカラー」簡単賢い使い方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くすみやクマ、ニキビ跡など、消したい肌悩みはたくさんありますよね。そんなとき、コンシーラー&ファンデーションの厚塗りで隠すのではなく、肌の悩みを自然にカバーしてくれるコントロールカラーがおすすめです。

しかし、色を見極め正しく使わないと意味がありません。そこで今回は、美容ライターの筆者が、お悩み別に“コントロールカラーの正しい選び方&使い方”をご紹介します。

 

■まずは自分の顔をしっかり観察する

鏡を見て自分の顔を、“色んな方向”からしっかりと観察しましょう。それから気になる部分を見つけていきます。ただクマが気になるといっても、クマ以外の肌のベースの色が、黄色系なのか青がかった色白なのかによって、使うべきコントロールカラーの色も変わってくるからです。

また、どこにメリハリをつけたいかも合わせて観察しましょう。

 

■悩み別で診断!コントロールカラーの使い方

(1)色むらを均一にしたい方は“イエローorオレンジ”

肌全体がくすんで見えるなど、色むらをカバーしてくれるのが万能なイエロー。くすみ、しみ、そばかすをカバーし、明るく健康的な肌に仕上がります。

クマやたるみなどによる影を消したい場合には、オレンジを使用しましょう。ただ、オレンジのコントロールカラーを顔全体に使用すると、日本人に多い黄色味を帯びた肌の色が濃くなってしまうことがあるので薄く伸ばすか、元々黄色味が強い肌の方は、消したいところにだけ部分使いをするとよいです。

(2)透明感が欲しい方は“ブルーorパープル”

色白に見せたい方、または肌の黄色味を消したいという方には、ブルーがおすすめです。肌に透明感をプラスしたい方はパープルを使いましょう。ブルーやパープルは顔に立体感をつけたいときに、ハイライトがわりにもなる優れものです。

透明感も欲しいけれど血色も……という方はピンクと青の二種類を混ぜて使う裏技もアリですよ。元々色白の方は、青白く見えてしまうためおすすめしません。

(3)赤みが気になる方は“グリーン”

グリーンには赤みを消す効果があるため、ニキビ跡や小鼻横の赤みを抑えたい方におすすめの色です。顔全体に塗り込んでしまうと白浮きしてしまうため、悩みの部分のみに使用する方が効果的です。

(4)血色をよくしたい色白の方には“ピンク”

色白で血色をプラスしたい方や、疲れで血色が悪いときにはピンクがおすすめです。ふんわりとした温かみのある肌に仕上がりますよ。

 

コントロールカラーには、全体用と部分用の二種類があります。全体用は下地を使うタイミングで使用してください。部分用はテクスチャも固めです。顔全体には使わず、下地の後に気になる部分に使いましょう。

肌の悩みに合わせてぜひ使ってみてくださいね。

 

【関連記事】

アイメイクより大事!「手抜きすると完成度ガタ落ち」3パーツ

青みor黄系?「私に似合うピンク」が5秒で判明…チーク選びテク

ニキビに直でコンシーラーは…逆効果!正しい「女の肌悩み」の隠し方

OVER35の消えない悩み!「眉間と額のシワ」誤魔化しテク3つ

※ 10歳はサバ読める!シワを消しツヤを生む「ベースメイク」テク

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ 女子大生の半数が「夫が専業主夫でもOK」でも…出産後に待つ壁3つ

※ 73%の男性が!? 「社内恋愛」に対する男と女の衝撃的なホンネ