歓送迎会で食べすぎた翌日は…胃に優しい「お粥」デトックスを!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歓送迎会シーズンに突入しました。いつもより外食の機会が増えるという方も多いのでは?

そこで今回は、ダイエットインストラクターの筆者がおすすめする、食べ過ぎてしまった時の強い味方“リセット食”と、満足感を高めてくれるアレンジレシピをご紹介します。

 

■リセット食はお粥で決まり!

食べ過ぎてしまった時のリセット食として最もおすすめなのが、お粥。通常の白米よりも水分を多く含むお粥を食べると水分が腸までしっかり届き、腸をキレイにしてくれる効果が期待できます。また、通常の白米に比べて胃に優しく、消化に良いのもメリット。

さらに、お粥をゆっくり食べることで満腹中枢が刺激され、少量でも満腹感を得やすくなります。

ちなみに、気合いを入れてダイエットしたい時には、お米の量を少なくして、代わりに寒天やこんにゃくを混ぜて作ると、よりカロリーダウンにつながりますよ。

 

■満足感アップのお粥アレンジレシピ

(1)野菜粥

体の調子を整えるビタミンや、食物繊維が摂れる野菜を入れて作る“野菜粥”。満足感を高めるためには、水菜、白菜、きのこなど、温めると水分を含んでしんなりする野菜を入れるとよいでしょう。カサ増しもでき、栄養バランスもUPするのでおすすめです。

(2)とろとろ粥

お粥を鍋で作り、お粥が完成する直前に水溶き片栗粉を足すことでとろみを出す“とろとろ粥”。とろみのおかげでぐっと満腹感が高まります。また、鶏ガラスープの素を入れると中華風になるので更に満足度が高くなりますよ。お好みのとろみ具合に調整してみてくださいね。

(3)豆乳粥

お湯と豆乳、ご飯を鍋に入れて作る”豆乳粥”。豆乳だけだと物足りないと感じる場合は、オリーブオイルや、卵をお好みで足しても美味しく頂けます。

 

食べ過ぎたと感じたら、満腹感の高いお粥で体をリセットしてみてはいかがですか。外食が続いても上手に調整して、スッキリボディをキープしましょう。

 

【関連記事】

※ もはや危険行為!実は太るし生理痛も…「炭水化物抜き」5つの危険

※ 毎朝1杯は食べたい!水分たっぷり「朝おかゆ」が体に超絶イイらしい

※ 腹八分目にしても「ぽっこりタヌキ腹」な人がほぼ当てはまるNG4つ

※ 飲みがちだけど…ダメ!美賢者は絶対に避ける「朝ドリンク」3つ

※ 頼り過ぎ…危険!「エナジードリンク」の前にできる疲労回復テク4つ

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

ほうれい線にファンデ筋…みるみる老ける人の肌特徴3つ

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ やりがち!粉浮き、色ムラ「老け顔」の仲間入りになるNGメイク3つ

※ くすみの原因は肌ステインにあり!【毎日10秒】話題のアイテム

 

【姉妹サイト】

※ スポーツマン独身は危険!? 趣味にハマってる男性の意外な盲点3つ

※ えっ…その食べ方は危険!? 知らないとヤバい栄養満点「バナナ」の盲点

 

【画像】

※ jreika /Shutterstock