彼がドハマリ!言葉でメイクで「余韻を残す女」になる3つの魔性テク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼のことは大好きだけれど、それ以上に彼から愛されたい! 恋する女性なら当たり前の、ちょっぴりワガママな願望ですよね。しかし、そのために努力をしていないのなら……その願望を叶えるのは難しいかもしれません。

カレと彼女である以前に、男と女。男性の本能に働きかけることが重要です。そこで今回は、言葉とメイクで!“余韻を残す女”になる魔性テクをご紹介します。

 

■1:極薄リキッドorクッションファンデで“生肌感”を

湯上り後の彼女を「キレイ」だと感じる男性は多いですよね。火照った頬に、湯気を浴びて上気したようなツヤ肌。これこそが、男性の好きな“生肌感”です。

ファンデーションの厚塗りは論外! リキッドファンデーションをお使いの方は普段の使用量よりも少なめに取り、極薄を意識しながら伸ばしていくと、素肌感が増しイキイキとしたお肌に見えます。

また、筆者のおススメはクッションファンデ。リキッドとパウダーファンデがミックスされたようなクッションファンデは、テクいらずで手軽に発光肌を叶えてくれますよ。

 

■2:「会いたいね?」「好きになっちゃうかも……」疑問形メールを駆使

「早く会いたいな」「大好きだよ」よくあるラブメールの1つですが、所詮その他大勢のメールと変わりがないのも事実。

そこでぜひ試して欲しいのが、言い換えメール術です。例えば、「会いたいな」は「会いたいね?」と疑問形にすることで、「あ、オレ会いたいんだ」と彼の気持ちを錯覚させる効果が!

「大好きだよ」は、「もっと好きになっちゃうかも……」に置き換えることで、「まだ限界まで好きになってもらっていない」と、カレの手に入りそうで入らない距離感をくすぐることができます。

 

■3:髪・肌・服…ふわっと舞う香りでマーキング

ボディクリームにヘアオイル、フレグランスと、日々まとう香りこそ女性の特権。ふとした瞬間に、髪や服から舞う香りにグッとくる男性は多いものです。

ハンカチやランジェリーと一緒に、サシェをクローゼットへ。カレの家でお泊りしたときは、お決まりのボディクリームでルームウェアに香りづけをするなど、離れても香りで余韻を残すようにするのがおススメです。

香りは脳と密接に関係しており、特定の香りから思い出される記憶の“プルースト効果”も。あなただけの香りをまとってくださいね。

 

いかがでしたか? メイクに言葉、香りのチカラを上手に駆使して、カレが夢中になるような女性を目指したいですね。

 

【関連記事】

お泊りデートが最悪に!彼のテンションガタ落ち「魔の下着」5つ

彼ドハマリ!「お泊り翌朝」にするとオトコ心に突き刺さる行動4つ

人気モデルはこぞって「やわ顔」!程よい抜け感にドキッ…なメイク術

100均ITEMで…春モテ子!「惚れられ顔」を作るヒミツ道具4つ

※ ズルくないよ…努力です!魅惑の「アラサー痩せ子」チリツモ習慣3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ 週末夜こそ大チャンス!? 働き女子が「レス夫婦化を回避すべき」理由3つ

※ ママチャリで8kg減の医師が伝授「痩せて美脚になる」自転車の乗り方