ほうれい線よ…3月にはサラバ!「たるみに一撃」3つの簡単エクサ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふと鏡を見たときに、ほうれい線にファンデが入り込んで、余計にシワを目立たせている……なんていう経験ありませんか? ほうれい線は、老けた印象を与えてしまうので、いち早く予防・解消したいですよね。

そこで今回は、『美レンジャー』の過去記事から、ほうれい線予防・解消に効果的な方法を3つご紹介します。

 

■1:ガムトレーニング

口輪筋を鍛えるためには、食物が細かくなるまでよく噛むことが必要。しかし実際は、30回噛む前に食材の形がなくなってしまったり、たくさん噛む時間や余裕がないという人もきっと多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、“ガムトレーニング”です。

(1)ガムを片方の奥歯で30回噛みます。

(2)次に逆の奥歯で30回噛みます。

これを一日2回行うだけの簡単トレーニングで、毎日行うと、片側で噛むクセの矯正、咀嚼筋の強化にもつながります。

「たるみやほうれい線に効く!“ガムを3分食べるだけ”衰え防止術」には、“口輪筋の衰え”と“顔のゆがみ”を引き起こす、NG習慣チェック項目もあります。何個当てはまるのか、ぜひ確認してみてくださいね。

 

■2:うがいで“顔筋エクササイズ”

歯磨き後のゆすぐときにできる、ほうれい線予防エクササイズです。

(1)水を口に含み、水で右頬を膨らましながら、グチュグチュとうがいします。左頬も同様に行ってください。

(2)歯を閉じて、まずは上唇と歯茎の間に水を溜めて膨らませます。次は、下唇と歯茎の間に水を溜めて、同様に行います。

少し痛みを感じるくらいが効いている証拠です! 毎日している歯磨きをしたあとに行う美容法なので、自然と習慣化できて続けられそうですよね。

詳しくは、「朝の3分でほうれい線ケアも!“歯磨き中”にできるお得な美活3つ」をご覧ください。

 

■3:60秒でできる“ペットボトルエクササイズ”

ペットボトルでできる、口輪筋を鍛える簡単エクササイズです。

(1)2リットルの空のペットボトルを用意し、「ほー」と声を出しながら息を吐き切ります。

(2)唇を「ほー」の形にしたままペットボトルをくわえ、息を吸い込みます。このとき、お尻(肛門)をキュッとしめ、そのまま6~8秒キープしてください。

(3)ペットボトルをくわえたまま、お尻(肛門)を緩めながら息を吐き出します。

ほうれい線だけでなく、お腹や背にも効果的なエクササイズなので、1日3セット行ってみてくださいね。

「60秒でくっきり“ほうれい線”を消し去る!ペットボトルエクサ」では、動画でわかりやすく説明しているので、ぜひ一緒にやってみてください。

 

どれも手軽に始めやすいトレーニングばかりなので、ぜひ今日からほうれい線のない美肌を目指してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ たった3分!老廃物を流す「ダイエット・美肌にイイ」リンパマッサージ

※ 残酷ですが…目立ってます!「ほうれい線くっきり」勘違いメイク3連発

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ マドンナや楊貴妃も愛用「スーパーフード・クコの実」のすごい力とは

※ 結局のところ妻頼み!? 調査で分かった「イクメン」の真実3つ