私のすっぴん唇は…青or黄系?「驚くほど似合うリップ」の見つけ方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは口紅を買う時に、何を基準に選んでいますか?「限定色」や「春オススメの新色」など、ついポップの言葉につられてしまう人は要注意です。

なぜなら自分が好きな色が、必ずしも似合うかどうかは分からないから。よく耳にする「血色が悪く見える」などの現象は、色味が合っていないことから起きている可能性も……。

そこで今回は、美容ライターであり現役モデルとして雑誌や広告で活動する筆者が、現場のヘアメイクの方から学んだ、“セルフカラー”別のリップの選び方をご紹介します。

 

■セルフカラーはブルーベースorイエローベースのどっち? 

肌や髪、瞳そして唇などには、人それぞれ違うセルフカラーがあり、それに合わせて化粧品を選ぶとよりマッチしやすいと考えられています。

セルフカラーは青みがかった“ブルーベース”と、黄色みが強い“イエローベース”の大きく分けて2種類に分けることができます。化粧品を使って、くすんで見えたり、何故だか似合わないと感じる場合は、セルフカラーとの不一致が原因かもしれません。

今回は唇にポイントを絞って解説しますが、肌や髪、他のパーツも全て同じセルフカラーに分類されるとは限らないので気をつけてくださいね。

それでは鏡を見ながらチェックしてみましょう。

 

■ブルーベース×ローズピンク

唇のセルフカラーが青みが強い“ブルーベース”タイプだと、唇に赤みが出やすいので、メイク前の元々の色も赤い唇をしている人が多いです。

そんな“ブルベ”な方には、ローズピンク系の青みがかったリップがおすすめ。

もし真っ赤なルージュを探している場合は、紫を感じるピンクが混ざったような色のものを選択すると似合うでしょう。元々鮮やかな口元のため、春先やカジュアルな場面では、赤よりもピンクっぽい軽めのリップが使いやすいです。ドレッシーすぎる印象になりがちな口元を抑え、魅力的に見せることができます。

 

■イエローベース×コーラルピンク

反対に“イエローベース”の黄色みがかった唇タイプには、オレンジ寄りの赤色・朱色のようなカラーが馴染みやすいです。

また“イエベ”な方は、青みを感じさせないコーラルピンクのリップを使うと明るさが演出され、自然な血色の良い印象になります。

さらにヌーディーな唇も、ベージュが似合うイエベの方ならではのオシャレの一つ。ブルベの方の唇に比べて、自然な色合いでソフトな発色のリップがよく映えるので、普段使いにベージュ系のカラーもおすすめです。

 

一概に“ピンク”といっても、その色合いは膨大な種類があります。セルフカラーを知ることで、オシャレの幅も広がりますね。参考にしてみてください。

 

【関連記事】

※ 1時間に1回はしたい!男がつい二度見する「なぜか色っぽい仕草」

※ ひと塗りで…溢れるツヤと立体感!最旬「リップコスメ」美容賢者の3選

※ 乱れた生活バレバレ…!どんより「くすみ唇」4つのお手入れ対策

※ 毎日使うからこそ避けて!「唇が荒れやすい人」の要注意リップ3種

※ ギャッ…メイクやり直し!「チークでおブスに仕上がる」典型的ミス3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ 脈なしじゃない!専門家が教える「男がLINEを返さない本当のワケ」

※ アラサー女子なら!今スグ見極めたい「結婚する気のない彼氏」特徴4つ