ゲッ…だからか!「パステルカラーが似合わない人」やりがちNG3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雑誌や店頭には、明るい色合いの春物ファッションが並びはじめましたね。今春のトレンドカラーは、ややグレーがかった落ち着いたパステルブルーやピンク。

しかし「パステルカラーが似合わない」と感じている人も少なくありません。実はそれらの人には、メイクに共通点があるのです!

そこで今回は、美眉アドバイザーとして活動する筆者が、パステルカラーが似合わなくなるNGメイクを3つご紹介します。

 

■NG1:意思が強い直線眉

パステルカラーが似合わないと感じている人に多い共通点が、“意思が強い眉をしている”ということ。最近は中村アンさんのような太めの直線眉が人気を集めていますが、太い直線眉はメンズライクでハンサムな雰囲気につながるため、やわらかなパステルカラーとは相性がよくありません。

ふんわりとした素材や色合いの洋服を着るときは、直線ではなくアーチ型の眉がおすすめです。曲線ベースの眉は、女性らしさや優しさを表す眉型なので、パステルカラーの洋服によりマッチします。

 

■NG2:眉を濃くハッキリと描いている

眉は濃いブラウンでしっかりと描きすぎてしまうと、眉の主張が強くなり、パステルカラーのやわらかさとはミスマッチに。眉の色は、髪色よりもワントーン明るい色を選び、パウダーアイブロウを中心に使用し、ふんわりと描くとよいです。

そして仕上げに薄いベージュ等の明るい色味のパウダーを、眉全体にのせてあげるのがポイント! 眉がふんわりとヴェールがかかったようなやさしい色味になるのでおすすめです。眉の主張がやわらぎ、パステルカラーとなじみやすくなります。

 

■NG3:アイシャドウ・アイラインの色が濃い

濃いグレーやゴールド、カーキ、ネイビー等のアイシャドウを使用したり、真っ黒のアイライナーでアイラインをしっかり入れたりすると、目の周辺が黒々しくなり、色の主張が強くなります。そうなるとメイクの黒と洋服のパステルカラーがぶつかり合ってしまい、違和感を生んでしまいます。

メイクと服の色のトーンを合わせるとパステルカラーが似合いやすくなるため、アイシャドウはベージュや明るいブラウン、ピンク、アイボリーなど肌馴染みのよい色合いがおすすめです。アイラインも黒ではなく、ブラウンで引くとふんわりあか抜けた雰囲気に仕上がります。

 

以上、パステルカラーが似合わなくなるNGメイクを3つご紹介しました。やわらかな素材や色味の洋服を着るときは、是非参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 眉毛切りすぎ女子…多発!美人顔を作る「正しい眉ケア」とは

100均ITEMで…春モテ子!「惚れられ顔」を作るヒミツ道具4つ

※ 5つのコツであか抜ける!「引き算メイク」が今、一番イイ感じ

朝やると「夕方の老け顔」を必ず招く!実は逆効果なNG習慣3つ

※ 綾瀬はるかバングスも!30代の「厚め短め前髪」ダサくしないテク3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ 梨花も愛用!がん予防に美容に優れた効果「奇跡のハチミツ」とは

※ モテる女子はお礼上手!社内でカワイイと思われる「お礼の作法」3つ