人気モデルはこぞって「やわ顔」!程よい抜け感にドキッ…なメイク術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松島花さんや森絵梨佳さんをはじめとした、今人気を集めているモデルに共通するのは「抜け感のあるやわらかな雰囲気」ということ。少し前に流行した、目力が強く意思のあるメリハリメイクではなく、最近は彼女たちのようなふんわりと女性らしい印象に仕上がる“やわ顔メイク”が注目されています。

モデルだけでなく、石原さとみさんや神崎恵さんなどの今をトキメク芸能人も同様のメイク法を取り入れていることからも、その人気の高さがうかがえます。

そこで今回は、過去にメイク講師の経験を持つ筆者が、今注目のやわ顔を作るメイクのポイントを3つご紹介します。

 

■1:眉頭同士をやや離し、パウダー中心で描く

親しみやすいやわらかな表情を作るために、一番重要なパーツは眉です。特に眉頭の位置は顔の印象を大きく左右します。やわらかで優しい表情を作るには、眉頭はやや外側にもってくるのがおすすめ。目頭の真上か、それよりもやや外側にすると抜け感のある顔立ちになります。

また、やわらかい雰囲気を出すためには、アイブロウパウダーを中心に使用します。眉尻や眉が生えていない部分のみペンシルを使用し、それ以外はパウダーでふんわりと描くとよいです。

眉は髪色よりもワントーン明るい色を使用し、仕上げにベージュに近い薄い色のパウダーを、眉全体にヴェールをかけるようにのせてあげると、眉色がやわらかくなります。眉マスカラを使用すると眉にハリ感が出てしまうので、よりやわらかく見せるには、薄いパウダーの方がおすすめです。

 

■2:下まぶたアイシャドウで“タレ目”を演出

濃い色合いのアイシャドウを使用すると、意思の強さが出てしまうため、やわ顔を作る場合はベージュや薄いピンク、アイボリーなど肌馴染みのよい色を選びます。アイラインも黒よりブラウンで入れるとよいです。

親しみやすい表情を作るには、目元をややタレ目風にするのがポイント。下まぶたの目尻から1センチ程度にブラウンのアイシャドウを細く入れると、目の重心が目尻の方へ行くため、タレ目風に仕上がります。

 

■3:明るめチークをやや広い面積に入れる

やわ顔に仕上げるにはチークの色と入れ方も重要です。ふんわりとやわらかな雰囲気に仕上げるには、思い切って明度が高いピンクやコーラルピンクを使うのがポイント。「こんなに明るいピンクでいいの?」と驚く人も多いかと思いますが、肌にのせると顔の明るさを高め、肌の透明感を引き立たせてくれます。

入れる位置は、頬骨のやや下あたり。黒目よりやや内側から、こめかみ手前まで広い範囲に楕円形を描くように入れます。大きめのチークブラシを使用すると、ふんわりと仕上がるのでおすすめです。

 

以上、今注目のやわ顔メイクのポイントをご紹介しました。このメイクは明るい春服との相性も抜群なので、是非試してみてください!

 

【関連記事】

目元…華やか!「一重・二重・奥二重別」アイシャドウ基本のキ

アイメイクより大事!「手抜きすると完成度ガタ落ち」3パーツ

残酷ですが…目立ってます!「ほうれい線くっきり」勘違いメイク3連発

朝やると「夕方の老け顔」を必ず招く!実は逆効果なNG習慣3つ

出会って「3秒で嫌われる」!初対面の印象ガタ落ち…危険パーツ3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ 1位小栗旬!「彼女の服にイチイチ文句つけそう」2位のジャニタレは

※ 貴重な一瞬だから!「夫婦の時間」にしちゃダメなNG行動3つ