ご飯にチョイ足しで…免疫アップ!「風邪&花粉対策」に3つの食材

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪やインフルエンザによる発熱・倦怠感、花粉症によるくしゃみ・鼻水……。これらのツラい症状があらわれるときというのは、体の免疫力が低下している証拠です。

免疫力の要は、免疫細胞の約6割が集中する“腸”。つまり、腸内環境を整えてあげることでさまざまな病気・アレルギー症状の予防にもつながるというワケ。

ここでは、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、“ご飯に混ぜるだけ”で腸内環境を整えてくれる“お手軽食材3種”をご紹介したいと思います。

 

■1:押し麦

押し麦に含まれる水溶性食物繊維には、糖質の消化・吸収を緩やかにしたり、血糖値の急上昇を防いだりする作用があります。もうひとつ重要なのが、腸の粘膜を守り、善玉菌を増やす作用。善玉菌は腸内環境を改善し、良好に保ってくれます。

まずは、白米8に対して押し麦2の割合で炊いてみましょう。麦ご飯に慣れてきたら、押し麦の量を増やしてみてください。

 

■2:小豆

小豆に含まれるサポニンには、水分の代謝を高めてバランスを調節する緩下作用があり、便秘の解消に役立ちます。

小豆ご飯は、ほんのりピンク色に染まり見ためも彩りも良し。小豆(お好み量)は茹でてから白米と一緒に炊飯してくださいね。

 

■3:玄米

玄米には、食物繊維が豊富に含まれます。そして、この食物繊維は、腸管を通過するとき、各種有害物質を吸着・排出してくれるため、整腸作用に効果を発揮。また、腸の筋肉の働きを良くするビタミンB1も含むので、便秘気味の方にもオススメです。

白米2に対して玄米1で炊くと、白米・玄米両方の美味しさを味わえますよ。ただし、米の外皮を残している玄米は、よく噛んで食べないと消化不良を起こすこともあるので気を付けましょう。

 

気になる食材はありましたか? これなら、「食生活の改善が難しい」という方でも手軽に取り入れられるのではないでしょうか。免疫力をグンと高めて、強い体を手に入れましょう。

 

【関連記事】

※ やっぱ毎日食べよ!ド定番「おにぎり」がダイエットに超絶いいワケ

しみじみ…うまいっ!「雑穀米がぐ~んと美味しく炊ける」虎の巻

お悩み別だから効果的!便秘に肌荒れ…「今食べるべき雑穀」丸わかり

※ ミランダ・カーも愛するスーパー雑穀「キヌア」で驚きの美肌に!

※ 白湯・炭酸に続く魔法の水!「小豆水」が美容&痩身にイイ理由

 

【おすすめ記事(PR)】

今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ オジサマ萌え!2位佐藤浩市に勝った「彼氏にしたい50代男性」1位は…

※ 心理学者が推す!初デートで「お互いの距離を縮める」魔法の会話テク

 

【画像】

※ tamayura / PIXTA(ピクスタ)