筋肉のない体に色気なし!アラサーの「しなやかボディ作り」基本3点

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筋肉=ムキムキというイメージを抱いている女性は少なくありません。そのため、「筋トレなんてとんでもない!」と敬遠している方も多いでしょう。

しかし、筋肉が不足すると基礎代謝が下がり、痩せにくくメリハリのない体になってしまうのです。特に、ボディラインに変化があらわれ始めるアラサー世代の女性は筋肉を増やす必要が!

ここでは、ヨガインストラクターでもある筆者が、女性らしいしなやかな筋肉をつけるためのポイントについてお話していきたいと思います。

 

■1:まずは筋肉をほぐして

しなやかな筋肉には柔らかさがあります。このような筋肉をつけるためにはまず、乳酸がたまってかたくなった筋肉をほぐしてからトレーニングをすると良いでしょう。

例えば、テニスボールを使って筋肉がかたい部分をコロコロとほぐしてあげるのもオススメ。筋肉がかたくなりやすい方は、この過程を丁寧に。

 

■2:たんぱく質は“体重×1.0g”

筋肉は運動だけでは育ちません。良質なたんぱく質を摂ってアプローチしましょう。

たんぱく質の1日の摂取目安は“体重×1.0g”。肉や魚、卵、大豆食品、牛乳、ヨーグルトなどをバランスよく取り入れてください。

 

■3:筋トレ後もストレッチ

トレーニング後の筋肉疲労で乳酸がたまると、筋肉がかたくなるだけではなく、血液やリンパの流れが悪くなってむくみ太りしやすくなります。これでは、せっかくのトレーニングが無駄になってしまうかも……。

トレーニングの後は丁寧にストレッチをして、筋肉をいたわってあげましょう。

 

女性らしい色気のある、しなやかな筋肉は、ムキムキ・マッチョとは異なります。これからトレーニングを始めようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

【関連記事】

たった一杯で!脂肪燃焼に雲泥の差「運動前に飲むべき」はこの3つ

知ってる?短足&大根足に見える原因「ふくらはぎ」と美脚の関係

220万回再生の最強ポーズも!1日1分で「痩せる体」3つのエクサ

扁平・下垂・セルライト!脱「三重苦ヒップ」ぷりぷり美尻ケア3つ

※ 1日10秒!どこでもできる「二の腕の脂肪カット」脱ぷよエクサ

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケ

 

【姉妹サイト】

※ 浮気男には「泣くor怒る」どっちが正解?心底反省させられる態度とは

※ 私の貯金は…!? 恐れていた副作用「マイナス金利」忍び寄る影響とは

 

【画像】

※ PawelSierakowski / Shutterstock