真っ黒!「パンダ目女子」がほぼ見落とす決定的なアイメイクの掟

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夕方になると周りもギョッとするような真っ黒“パンダ目”になっている人がいますよね。滲まないためにウォータープルーフのアイライナーを使っているのに、それでも落ちてくるなんて悩みの声も……。

そこで今回は美容ライターであり、現役モデルとして長丁場のショーにも出演している筆者が、“パンダ目の予防メイク術”をご紹介します。

 

■目元のファンデーションは控えめがベスト

“油分”によるメイクのヨレが、パンダ目の原因でもあります。この油分は肌、そしてファンデーションにも含まれています。

パンダ目を防ぐつもりで、目元のベースメイクを塗りすぎてしまうのは、マスカラやアイラインのヨレを招く悪影響にもつながります。

どうしても目元のくすみが気になる時は、油分を抑えるフェイスパウダーやハイライトを軽くはたくだけでも十分です。

 

■アイライナーは最初に引くべし

メイクの順番として、アイシャドウを塗った上からアイラインを引く方も多いと思います。

でもパンダ目を避ける為には、この順番を逆にすると良いのです。アイラインを引いた上からアイシャドウを塗ることで、崩れ予防のルースパウダーの役目を担ってくれます。

ここで使うアイライナーは、ペンシルよりもリキッドタイプの方が滲みにくいので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

■パンダ目を防ぐ最重要ポイントはマスカラにあり

「パンダ目」と聞いて、まず見直す人が多いメイク道具が“アイライナー”でしょう。しかし実際はマスカラの滲みが、下まぶたを真っ黒にしていることが多いです。

けれどもウォータープルーフのマスカラを使っていても、滲んでしまうのはなぜでしょう? その理由のひとつとして、化粧水や乳液の成分がまつげに付いたまま、マスカラを塗っていることが考えられます。

メイクをする前には、きちんと余分な油分をオフした状態でマスカラを塗りましょう。また、その後にトップコートなどでマスカラをコーティングするのもオススメ。

 

時間が経つにつれてドロドロ崩れていくメイクに、男性もドン引き……。そんなことがないよう、参考にしてみてください!

 

【関連記事】

※ お悩み断トツ1位!年中パンダ目「アイラインぶれ子」を救う完全テク

※ 飲み会後も「メイク直し不要」!真っ黒パンダ目はこれで防げるっ

※ 人気ヘアメイクJunJunが指南!「一重の人がやると逆効果」NG3つ

※ 女優のヒミツテク教えます!「彫り深デカ目」を作るダブルライン術

※ 30秒で「目の下のクマ」を撃退!押すだけ簡単…オバ疲れ救済テク

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケ

 

【姉妹サイト】

※ 今日から仕事のイライラ解消!「ストレスフリーで働く」簡単なコツ3つ

※ 2位綾瀬はるかに圧勝「恋愛経験が少なそうな女性」1位は渦中の…

 

【画像】

小山郁美