昼モテvs.夜モテ顔は違う!ハズすと台無し「胸キュンメイク」3法則

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昼に人と会うときのメイクと、夜のメイクを変えていますか? 実はお昼にオフィスでモテる女性と、夜に合コンでモテる女性のメイクは異なります。その理由は、自然光が降り注ぐ昼の時間帯に女性が魅力的に見えるメイクと、夜のムーディーなダウンライトの下で魅力的に見えるメイクに違いがあるからです。

そこで今回は、メイク講師の経験を持つ筆者が、昼モテ女子と夜モテ女子のメイクの違いを3つご紹介します。

 

■1:昼モテ女子は“低彩度”、夜モテ女子は“高彩度”

太陽光の下で好感が持てる女性のメイクは、清潔感のある明るいメイク。濃い色のアイシャドウやリップをつけると、自然光の下ではケバく見えてしまいがち。アイシャドウは濃すぎないピンクやベージュ、ブラウンといった肌馴染みのよい色や、リップはコーラルピンクなどの自然に仕上がる色味がおすすめです。

一方、夜にダウンライトのレストランで食事するときなどは、ナチュラルすぎるメイクだと顔がぼんやりしてしまいます。アイシャドウやリップ、チークは昼よりもやや濃い色合いのものを使用した方が華やかになり、暗い照明の下でも表情が豊かに見えます。

 

■2:昼モテ女子は“やわらかライン”、夜モテ女子は“しっかりライン”

アイラインや眉も、昼と夜とでは好まれるメイクが異なります。昼はアイラインは黒よりもブラウンがおすすめ。目の自然なパッチリ感につながります。逆に夜は黒でしっかり引くのがおすすめ。ダウンライトの下だと顔が暗くなりがちなので、ブラウンだと目の印象が弱まってしまいます。

また、昼は眉をナチュラルに描いているという人も、夜は少ししっかりめに描くとよいです。アイライン同様、眉をナチュラルに描きすぎると、ダウンライトの下では眉の存在感がなくなってしまいます。眉は表情を作るパーツであり、存在感がないと表情が乏しく見えてしまうので要注意です。

 

■3:昼モテ女子は“キラッと感”、夜モテ女子は“ツヤッと感”

男性は女性のメイクの質感にドキッとします。たとえばアイシャドウのキラキラ感や、リップグロスのツヤツヤ感に目を奪われる人も少なくありません。中でも昼メイクでは、清潔感の中にさりげないキラッと感を忍ばせたいところ。

アイシャドウのさりげないラメや、ニコッと笑ったときのリップグロスのきらめきは、女性の顔を明るく見せてくれます。ただし、大きなラメはギラギラとケバく見えることもあるので、細かいラメのものを選ぶとよいです。リップグロスもつけすぎると下品に見えてしまうので、唇の中央になじませる程度でOKです。

一方、夜は昼よりもややラメ感のあるアイシャドウを使ったり、リップグロスをつける量をプラスしたりすると、艶めいた色っぽさが加わります。ダウンライトの下では、ツヤのある肌や唇の質感で男性をドキッとさせてみてはいかがでしょうか。

 

以上、昼にモテるメイクと夜にモテるメイクの違いをご紹介しました。アフターファイブは、アイラインやリップの色を変え、夜に映えるメイクを楽しんでくださいね。

 

【関連記事】

※ 苦労するぞ~!男がみるみるダメになる「さげまん女子」特徴6つ

※ 残酷ですが…目立ってます!「ほうれい線くっきり」勘違いメイク3連発

※ 出会って「3秒で嫌われる」!初対面の印象ガタ落ち…危険パーツ3つ

あぁ…みんな残念!眉メイクの基本「色選び」成功の秘訣2つ

げっ…やりすぎ!メイク好きほど陥りがち「非モテ顔」直結NG3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケ

 

【姉妹サイト】

※ お宅もピンチ…?共働き夫婦の「危機一髪を避ける」方法3つ

※ バストはしぼまずお腹から痩せる!1袋100円の激安ダイエット食材とは