量も順序も勘違い多数!仕上がり激変「ファンデの正しい塗り方」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のベースメイクのトレンドは、素肌感のあるツヤ肌。しかし時代と逆行するかのように、こってりとファンデーションを肌にのせ、ツヤ肌どころかオバ肌を招いてしまっている残念女子も少なくありません。

そこで今回は、過去にメイク講師の経験を持つ筆者が、崩れにくくキレイに仕上がるパウダーファンデーションの適量についてご紹介します。

 

■半顔でパフ一回分が正解!つけ過ぎるとメイク崩れのもと

ファンデーションは重ねれば重ねるほどメイク崩れを招きやすくなり、また、肌の透明感も失われてしまいます。つけ過ぎるとマットで粉っぽくなり、実年齢より老けて見られてしまうことも! 素肌っぽさを重視したツヤ肌を作るには、ファンデーションの使用量も重要です。

半顔に使用する目安の量は“パフ1回分”です。パフの面積の2/3程度のファンデーションで十分半顔をカバーできます。何度もファンデーションをとり直してはつけて……を繰り返す必要はありません。

さらに、この適量のファンデーションでナチュラルなツヤ肌に仕上げるためには、パフを肌の上ですべらせる強さや、肌にのせる順番も重要です。

 

■キレイに仕上げるにはフェザータッチ!頬からのせるのがカギ

以下の手順でファンデーションをつけるとキレイに仕上がります。

(1)頬、額、鼻、口、目の順でのせる

ファンデーションは面積の広い頬や額から順にのせます。このとき、パフを擦りつけるのではなく、力を入れずに肌の上を滑らせてパウダーを置いてくるようなイメージでのせるとムラなくキレイに仕上がります。

その後、鼻、口のまわりにのせ、最後にパフに残ったパウダーで目元をカバーします。目元や口元などの表情筋がよく動く部分は、ファンデーションを重ね過ぎるとメイク崩れを招きやすくなるので、薄く伸ばすことが大切です。

シミやクマが気になる場合はファンデーションを重ねるのではなく、コンシーラーで部分的にカバーするのがおすすめです。

(2)頬の高い位置だけファンデーションを重ねる

頬骨のあたりは、シミや色ムラをはじめとしたトラブルが出やすい部分です。そこで、パフにファンデーションを少しだけとり直し、頬の高い部分のみを丁寧に抑えるように重ねづけします。ただし、ファンデーションをとり直す量は少量にし、厚塗りにならないように気をつけてください。

 

以上、パウダーファンデーションの適量とキレイに仕上げるコツをご紹介しました。是非試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ アイメイクより大事!「手抜きすると完成度ガタ落ち」3パーツ

出会って「3秒で嫌われる」!初対面の印象ガタ落ち…危険パーツ3つ

サッとひと塗りグッと上がる!整形級「リフトアップメイク」3テク

ローラに石原さとみも!「真似ると失敗しがち」芸能人メイク3パターン

げっ…やりすぎ!メイク好きほど陥りがち「非モテ顔」直結NG3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ 普通の男とツボが違う!専門家が伝授「高収入男性の心を掴む」会話術

※ 残念賞!? イケてない女子認定されちゃう「ヤバいスーツ姿」ワースト3