盲点に要注意!10年後まで考えた「シミ対策」テクニック

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性として生まれてきたからには、美白を守るために欠かすことができないのがシミ対策! しかし、良かれと思ってやっていたことが、逆に肌にダメージを与えていたり、完全な対策になっていなかったりする場合も……。

例えば、「シミを防ぐため」とUV対策をした上から、外出する度にファンデーションを何度も重ね塗りしていませんか? 紫外線を浴びた状態のメイクはどんどん酸化していくので、長時間塗り重ねたままにしておくと、角質細胞自体を変質させてしまう上、ターンオーバーも乱れて肌が透明感を失い、くすんだ状態が定着してしまいます。

ケア方法にしても、実は誤解が多い様子。例えば、できてしまったシミをすぐに消したいと思うのは当然ですが、ひとつシミができたということは、周辺にまだ浮き出ていないシミ予備軍が潜んでいる証拠! 10年後の肌を考えれば、今のケア+未来ケアを行う必要があるのです。

 

他には、「シミができてしまった!」と慌てて、シミケア用の美容液を、シミの部分だけに付けていませんか? シミの部分だけに付けるのでは、潜在しているシミ予備軍を抑えることができません。

正解は、美白効果のあるコスメを顔全体に使用したあと、気になるシミの部分に再度重ね塗りすること! そうすることで、これから浮き上がってくるであろうシミをセーブすることが可能に。今のケアを行うと同時に、未来ケアを行うのが一番賢い方法なんです。

シミのケアに効果的なのは、『夏の大敵しみ・そばかすにはコレ!最強の内側ケア対策【美サプリ特集】』でご紹介しているようなサプリメントを摂取するのと同様に、『L-システイン』『ビタミンC・E』などが含まれている美白化粧品の使用がオススメです。

食べ物なら、美白効果のあるビタミンC・Eを多く含む野菜に加え、保湿効果のあるブロッコリーをサラダやスープに使用したり、デトックス効果のある豆類、レバーなどを食べて肝臓の働きをスムーズにしてあげるとより効果的!

 

「そのときだけ」を考えて美容ドリンクを飲むよりも、毎日の食生活に美白に良い食べ物を取り入れることを継続すること。その積み重ねが未来のケアにも繋がるハズです!