目に効くだけじゃない!? 実はブルーベリーに痩せる効果

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今や、「ダイエット中の間食なんてもってのほか!」という考え方は、もはや時代遅れと言われそうな風潮になっていますよね。なので、痩せることに関する情報はいついかなる時も欲しいところ。

今回はそんな、ダイエット情報を求めている人に朗報です! イギリスのニュースサイトMail Onlineでは、むしろ「ダイエットに励んでいる人は、おやつにブルーベリーを食べなさい!」と積極的にすすめているのです。

というのも、ブルーベリーは、体内の脂肪細胞数をなんと最大4分の3までカットする働きがあるのだとか。

ブルーベリーの実は、体内にある既存の脂肪細胞を壊し、新しく脂肪細胞が作られるのを防ぐといいます。もしこれが本当ならば、あんなに小さな黒い粒は、長年多くの人が格闘してきた脂肪との戦いに打ち勝つことができる“魔法の武器”になりうる可能性もありますよね!

 

ブルーベリーはこれまで、“目に良い”または、“心臓病や糖尿病を予防するのに効果を発揮する”など、“スーパー食物”として世界的に高い評価を受け注目を集めてきました。そんな健康食品の王様であるブルーベリーには、ポリフェノールが多く含まれています。

実はこのポリフェノールが、脂肪細胞を最小27%から、最大73%もカットすることが『American Society for Nutrition’s Experimental Biology 2011』という国際会議で明らかになったのです。

なんと、実験用のマウスから取った組織を使って、ブルーベリーのポリフェノールがどのような働きをしているのか調べたところ、脂肪の生成を抑え、体内での脂肪分解を促進し、実際に脂肪を減少させていたとのこと。

 

身近な食品でありながら、あまり知られていなかったブルーベリーの偉大なるパワー! ブルーベリーを間食するだけで、脂肪細胞が減っていくなんて驚きのニュースです。三食きちんと食べて、おやつにブルーベリーをつまんだり、または、朝食のヨーグルトの中に混ぜたりしてもいいかもしれません。

これはライバルに教えたくない、超お手軽ダイエット法かもしれませんよ。是非、お試しあれ!

 

【参考】

※ The slimming super-fruit: How blueberries can slash body’s fat cells by up to three-quarters | Mail Online