ギャッ…はみ出た!悲劇的な「失敗アイメイク」を素早く直すワザ3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働く女性が毎日することの一つと言えば、やはりメイク。職場にスッピンで出かけている人はほとんどいないのではないでしょうか。

メイクは社会人の身だしなみの一つ。印象を良くするためにとても大切なのですが、実際のところ、「面倒くさい」「マンネリ気味……」とメイクに関してお悩みを持つ人も多いのでは?

そこで今回は、忙しい朝に“アイメイク”に失敗してしまった時のお直し方法を、筆者が伝授いたします。

 

■1:アイラインがガタガタになったらアイシャドウを重ねるべし

目もとの印象を強くしたいとアイラインをきっちり引いている人が多いと思いますが、繊細な細いラインを引くのは至難の業。綺麗にラインを描いていたのに最後に手が動いてガタガタ……なんてこともよくあるはず。

そんな時は、手元にあるアイシャドウのダークカラーを細いチップに取って、ラインをぼかすように重ね塗りをし、ラインと馴染ませましょう。こうすることでラインのガタつきが目立たなくなり、目もとのラインも活かせます。

 

■2:マスカラがダマになったら綿棒でオフ

マスカラが新しいうちは大丈夫ですが、長い間使っているとマスカラ液自体が乾燥して、まつ毛にたっぷりとつき過ぎてしまうことがありますよね。

そんな時、まつ毛にできてしまったダマを取り除くには、綿棒が便利です。マスカラが完全に乾いてしまうとダマは取りにくいので、乾ききる前に綿棒で優しくなでるように取り除きましょう。

ちなみに、マスカラを塗っている途中に瞬きをしてしまってマスカラが皮膚に付いてしまった時は、逆に乾燥させてからオフする方がお勧めです。

 

■3:濃くなり過ぎたアイシャドウはスポンジでオフ

アイシャドウを塗り過ぎてしまった後、自分の指で拭き取ろうとする人がいますが、指を使うとお肌に顔料が密着してしまい、更に濃くなってしまう恐れが……。

アイシャドウをつけ過ぎてしまったなと思ったら、綺麗なスポンジでまぶたを軽くなでるようにして拭き取りましょう。軽くなでるだけでアイシャドウが徐々にうすくなるはずです。

あまりにも濃くなり過ぎてしまった場合は、スポンジでも調整が難しいかもしれないので、その時は潔くメイクオフしてやり直してくださいね。

 

毎日の身支度の時間は、とても短く貴重な時間ですよね。もし失敗してしまっても今回のアドバイスを参考に、焦らずお直ししてから出かけてくださいね。

 

【関連記事】

※ アイメイクより大事!「手抜きすると完成度ガタ落ち」3パーツ

※ ローラに石原さとみも!「真似ると失敗しがち」芸能人メイク3パターン

※ 石原さとみに中村アンも!「真似ると失敗しがち」芸能人の眉3パターン

※ 「適当ファンデ」が古クサ顔の元凶!変えた人から旬肌…コツ3つ

※ 女優のヒミツテク教えます!「彫り深デカ目」を作るダブルライン術

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケ

 

【姉妹サイト】

※ 2人に1人が肥大化!運動なしで痩せる「正月太り」簡単リセットテク

※ 脱イライラ仕事女子!お昼休みに3分「メンタルリセット」する方法