ざわちんも痩せた!老廃物をザザーッ「えごま油」でイイコトあれこれ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ番組『私の何がイケないの?』(TBS系列)でも紹介された“えごま油”によるダイエット&美肌術。“飲むだけで、肌荒れが良くなるだけでなく体重も落ちる”というえごま油を、ものまねメイクでお馴染みのざわちんが試し、Twitterなどでも大変話題になっています。

今までも、多数のメディアが取り上げ話題になっていた“えごま油”。なぜ、えごま油がいいのでしょうか。今回はその理由を、管理栄養士の田島雅子さんにお聞きしました。

 

■えごま油を摂ると良いワケ

「現在、体にいいとされている植物性由来の油。その中でも2つに分かれ、なかでも質のいい油はオメガ3という種類です(多価不飽和脂肪酸)。

必須脂肪酸であるオメガ3は、体では作り出せません、外から取り入れないとならない油です。そこで、オメガ3を簡単に摂り入れることができる“えごま油”が話題になっています」(田島さん)

えごま油には、オメガ3の外含量がオリーブオイルの60倍もあるとか! ダイエットと健康や美容に嬉しい効果が期待できるのです。

 

■えごま油が体にもたらす効果とは

えごま油に含まれるオメガ3には、血液をサラサラにする効果があるといわれています。血液の流れが悪くドロドロの状態になると、老廃物を体外に排出できず、肌トラブルを起こすことに。さらにだるさや疲れなど、体の不調の原因にもなります。

血液の流れを良くすると、腸の働きが良くなり、老廃物の排出(便秘改善など)にもつながります。また、肌のターンオーバーが正常になり、ニキビなどの肌トラブルや、くすみにもよい影響が。冬の乾燥で失われがちな、良質な脂質を摂れることも、えごま油のメリットです。

 

■えごま油の取り入れ方

(1)えごま油はそのまま飲むべし!

えごま油の1日の摂取量は2g程度(スプーン1杯ほど)が理想とされています。一日に大量に摂取するのではなく、少しの量を毎日欠かさずに摂り入れることが大事です。また、えごま油は非常に酸化しやすく、熱を加えると成分が壊れてしまうため、炒め物などには使わず、そのままスプーンで飲むか、サラダにかけるなど、生のまま摂り入れましょう。

(2)クレンジングにも使用可

油汚れを落とすのに油を使うことがあるように、肌の汚れをオイルを使ってマッサージすると、毛穴の汚れや小鼻の黒ずみを落とす効果があります。そこでえごま油を手に取り、小鼻や毛穴の気になるところを優しくマッサージしましょう。

油は水に溶けないため、マッサージ後は、そのまま洗い流さずに、濡れタオルやおしぼりなどで一度拭き取ってから洗顔することをおすすめします。拭き取りの際もゴシゴシと擦ることは厳禁です。

 

肌荒れが治るだけでなく、便秘改善・ダイエット効果も期待できると話題のえごま油。ぜひ試してみてはいかがですか。

 

【関連記事】

※ みるみる脂肪が蓄積!「揚げ物で必ず太る」激ヤバNG食べ方3例

※ 今さら聞けないオイル事情…「オメガ3・6・9」の違いって何?

※ 白湯・炭酸に続く魔法の水!「小豆水」が美容&痩身にイイ理由

※ タバコ以外にも!お肌ボロボロ「みるみる老化が促進」NG習慣3つ

※ 飲む時間や量がミソ!本当に痩せる「コーヒーダイエット」の掟5つ

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケ

 

【姉妹サイト】

※ 4位綾野剛より残念!「私服がダサい芸能人」櫻井翔と並ぶ同率1位は

※ 「育休議員」に教えたい!? 夫の育休が妻のメリットになる本当の理由3つ

 

【画像】

※ KARIN SASAKI / Shutterstock