マツコ大絶賛のおつまみも!美肌に最適「チーズ」の簡単レシピ3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い日が続くと、トロトロ溶けるチーズが恋しい人も多いのでは? でも「チーズを食べると太りそう」という不安もよぎりますよね。

しかし実際チーズは“美肌効果”にも繋がる、最高の食べ物との評価もあるんです。

そこで今回は、チーズフェスタ2015で「チーズと健康」をテーマにセミナーも開催した、岡山大学名誉教授・宮本拓先生にチーズの魅力を解説して頂きました。

 

■美肌効果に繋がるチーズの栄養とは?

宮本先生によるとチーズには美肌作りに欠かせない栄養である、ビタミンAやビタミンB2、カルシウムなどが豊富に含まれているそう。

また1日3回の食事で摂取すべきだと考えられているカルシウム量が、牛乳の場合だとコップ1杯(200ml/毎食)のところ、チーズだとスライス1枚(20g/毎食)で十分とのこと。

チーズなら毎食時でも食べやすく、気軽に必要なカルシウムを摂取できるのが嬉しいですね。美肌に欠かせない栄養を、無理なく美味しく摂れることがチーズの魅力といえます。

それでは美容ライターの筆者が、そんなチーズで簡単に作れるおつまみをご紹介します。

 

■おつまみチーズの簡単レシピで美肌もゲット!

(1)干し柿+クリームチーズ

和と洋の意外な組み合わせで「日本酒にも合う」と好評な、ちょっと大人なおつまみチーズ。干し柿は半分にカットして中の種とヘタを取り、干し柿でクリームチーズをサンドすれば出来上がり。

(2)シュウマイの皮+チェダーチーズ

シュウマイの皮にチェダーチーズを入れて巻き、油でカリッと揚げるだけ。塩をつければワインのおつまみにも最適。また子どもにも大人気のレシピで、ハチミツをかけて食べたり、おやつ感覚に仕上げるのもオススメ。

(3)海苔+プロセスチーズ

テレビ番組『マツコの知らない世界』(TBS系)で以前マツコも絶賛したレシピ。6個に切れているプロセスチーズをフライパンでうっすら焦げ目がつくまで焼きます。そしてサッと醤油をかければ完成です。さらに海苔で“磯辺巻き”風にアレンジしても美味しいそうです。

 

世界中には、数百種類以上のチーズがあると言われています。それでも日本人の年間チーズ消費量は世界の中では少ないそう。是非自分好みの美味しいチーズレシピを見つけてみてくださいね。

 

【画像】

※ TOKYO, JAPAN – JUNE 6: TV personality Matsuko Deluxe attends “TSUKEMA Queen” Awards on June 6, 2015 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)

 

【関連記事】

※ 1週間で3kg減も!? 脂肪メラメラ燃焼「痩せ子が好む」最強朝食5つ

※ 漬けた後の味噌まで美味しい!「味噌チーズ」プロが教える作り方

※ フライパン1つで絶品チーズケーキ!混ぜて焼くだけレシピ

※ カトパンも大好きな「チーズ」の意外すぎる健康効果5つ

※ ガーン…性格重視は建前だった!「男が求めるリアル女子力」3つ

 

【姉妹サイト】

※ キャバ嬢も乱発!男性をトリコにする魔法の言葉「さしすせそ」とは

※ さあ今日から気持ちをリセット…!「好きになれない同僚」との上手な付き合い方

 

【取材協力】

※ 宮本拓・・・岡山大学名誉教授。くらしき作陽大学(食文化学部長)専任教授。