筋トレ不要!「出っ腹&歪み骨盤が改善」日常の行動チェック5項目

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぽっこりお腹や骨盤の歪みなど、歳を重ねていくと気になる悩みが増えていくもの……。ボディ崩れに歯止めをかけたいと願う女性も少なくないことでしょう。

そこで今回は、トレーニングや筋トレをしなくても、日常生活での行動をチェックするだけで悩み改善につながる、そんなお手軽チェック項目を、ポージング講師として活動する筆者がご紹介します。

 

■1:履いている靴をチェック!

普段履き慣れた靴を見てください。かかとの外側、もしくは内側が減っていませんか? かかとの部分が傾いたままの靴を履き続けていると、骨盤の歪みにつながります。

靴を買い直す必要はありませんが、こまめにチェックをし、かかとのゴムの部分だけでも修理をしましょう。

 

■2:膝があたっているかをチェック!

意識をせず、いつも通りに歩いてみましょう。歩行中、脚が交差する際に、膝の内側と内側が当たっているかチェックをしてください。O脚の方は膝が接触しづらいかもしれません。

毎日意識し続けると骨の歪みが改善され、脚がまっすぐに伸びることでだんだん膝が近づくようになります。無理をせず、普段から意識を持って歩いてみましょう。

 

■3:体重がどこにかかっているかをチェック!

多くの方は、歩く時に足の外側に重心がかかり、靴のかかとの外側が減っていることが多いです。これでは腰など一部分に負担がかかります。

正しい歩き方は親指の付け根で地面をつかみ、親指で蹴るような歩き方。

足の内側を意識することで内転筋(内ももの筋肉)が鍛えられます。内転筋は太ももの骨の内側(恥骨や座骨)まで続いています。そのため内転筋が鍛えられると骨盤が整います。骨盤が整うと内臓の位置も整い、結果ぽっこりお腹も解消されます。

 

■4:立ち姿をチェック!

常に自分の立ち姿勢を確認してみましょう。電車の中など、長時間立ちっぱなしの時は気を付けているという方も、洗い物をしている時や、レジの待ち時間などちょっとした時間は油断しがち。ついつい反り腰になっていたり、片側だけに体重をかけていたりしませんか?

両脚に骨盤が乗り、骨盤の上にお腹、お腹の上に胸、首、頭と積み木をまっすぐ積み重ねる様に、一つずつパーツが正しく乗っているか、日常のちょっとした一コマでもチェックをしましょう。

 

■5:見られている意識があるかをチェック!

いつも見られているという意識を持ちましょう。芸能人がテレビに出始めるとどんどん綺麗になっていくように、人に見られているという意識は美容の面でとても大事です。

普段から「見られている」と周囲を少しでも意識するだけで、上記にある姿勢や歩き方も理想の状態へより早く近づきます。

 

5つのチェックを普段から意識することで、体の悩み改善につながるだけでなく、内面から自信もついてきます。ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

【関連記事】

褐色脂肪細胞をボーボー燃やせ!すぐできる「肩甲骨ストレッチ」

※ 1日たった10秒!驚くほど「下半身が引き締まる」バレエポーズ

神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

30歳越え男女は毎日摂って!「アレの減少を防ぐ」身近な飲み物4つ

※ 寝る前に3ポーズ!「歪み緩和ストレッチ」で美プロポーションに

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケ

 

【姉妹サイト】

※ 3位ベッキーよりひどい「私服がくそダサそうな女性」2位、1位は

※ キッーここが許せない!「夫婦ゲンカ」共働きのよくある原因3つ

 

【画像】

※ coka / Shutterstock