毎朝1杯…芯からポッ!漢方のプロ流「白湯の飲み方&アレンジ」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急に冷え込む日も多く、冷え性の人にはとても辛い時期が続いています。朝といえばコーヒーを飲む人が多いと思いますが、これを“白湯“に変えるだけで冷え性の解消につながります。

今回は、東洋医学の専門家である著者が、毎朝1杯飲むだけで、驚くほど芯から体が温まる白湯の飲み方や、アレンジ方法をご紹介したいと思います。

 

■冷え性を改善するドリンクは“白湯”

冷え性が気になる人に最もオススメなのが、白湯です。寝ている間に人は汗をかきます。その水分を補充する意味でも水分摂取は有効です。

さらに、朝一番に体温より温かいものを摂取することで、胃や腸などの働きも活発になります。新陳代謝があがり冷えの改善につながるだけではなく、排泄もスムーズになるため、便秘解消やダイエットにもつながります。

 

■白湯のつくりかたとアレンジ3つ

白湯とは、沸騰させたお水を50~60度くらいに冷ましたものです。お湯の沸騰はやかんでも電子レンジでも可能です。それでは、白湯の効果を高めるアレンジ方法を紹介します。

(1)梅干しをいれる

花粉が気になる人にオススメです。免疫アップに役立つので風邪やインフルエンザが気になる方にも。

(2)レモンやオレンジを絞る

朝から憂鬱な人にオススメです。東洋医学で柑橘系の香りは、ストレスの緩和に役立つと考えます。

(3)寒天パウダーをいれる

野菜不足の人にオススメです。食物繊維を摂取できます。

 

■白湯を摂取すべき場所

せっかく白湯を飲むのであれば、最も効果的な場所と時間に飲みたいですよね。その場所とは、日の当たる場所です。

朝太陽にあたると、冷えの原因にもなる自律神経の乱れが整いやすくなります。また、体内時計が正常になり、不眠症の改善やビタミンDが活性化し、骨やお肌が丈夫になったり免疫もあがりやすくなります。

 

コップ1杯の白湯を一口ずつゆっくりと飲みましょう。毎朝、太陽の当たるところでゆっくりと白湯を飲んで新陳代謝をあげ自律神経を整え、冷え知らずになりましょう。

 

【関連記事】

※ 明け方までぬくぬく!プロ直伝「少ない寝具でも暖かい」快眠術

※ 布団から出たくない寒~い朝に!全身ホカホカ「温活朝食」3食品

※ あぁ…残酷すぎる夕方大根足に!「お手軽すぎる」脚むくみケア

※ ペースを変えるだけ!20%消費カロリーUP「痩せる歩き方」研究で証明

※ 最強の1分朝活!肩甲骨ストレッチで「1日中脂肪が燃えやすい体」に

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケ

 

【姉妹サイト】

※ 「早くして」は言いたくない!子どもとの朝をもっと楽しむコツ4つ

※ Dフジオカは何位?「不倫したい既婚男性」2位西島秀俊、1位は…