シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の肌悩みの代表格、シミ・くすみ。できてしまうと老けて見え、鏡を見るのが悲しくなりますよね。

シミ・くすみといえば、多くの方が「夏場の日焼けによって引き起こされる」イメージを持っているでしょう。でも、実はみなさんのとてつもなく身近に、シミ・くすみの原因を作っているものが……。

その正体は、太陽光だけでなくスマートフォンやPCなどからも発せられるブルーライト。今回は、ブルーライトの驚きの肌への影響と、その対策法をご紹介します。

 

■目だけでなく肌にも悪影響!

ブルーライトの目に対する影響は、みなさんもご存知の通り。ブルーライト専用のメガネもたくさんありますよね。でもブルーライトは目だけではなく、肌にも悪影響を及ぼすのです。

ランコム研究所によると、数ある可視光線の中でもブルーライトが、色素沈着を引き起こす原因となる事実が明らかになったそう。

可視光線の中でも強いエネルギーをもつブルーライトは、夏に肌が黒くなってしまう原因である強力な紫外線B波よりも深く、肌の奥底まで入り込みます。また、ブルーライトが引き起こす色素沈着は、その持続性も高いことが判明したのです。

みなさんも、一生懸命UV対策をしているのに、肌がくすんだと感じたことはないでしょうか。紫外線だけでなくブルーライト対策もしないと、一向にその悩みから解放されないと言っても過言ではありません。

 

■メイクで“ブルーライト焼け”対策を

では、ブルーライトからどうやって肌を守ればいいのでしょうか。解決策は、紫外線対策とブルーライト対策が同時にできるコスメでベースメイクをすること!

筆者のおすすめは『ランコム UV エクスペール XL CCC』です。UVB、UVA、ロングUVAからしっかり守るSPF50、PA++++でありながら、ブルーライトにも対応しています。カラーは、日本人の肌色を徹底研究して開発された4色。だから、自分に合った色が見つかります。

ゆる過ぎず重過ぎない、ちょうど良いテクスチャーで、肌に伸ばすと、軽やかでサラっとした仕上がりになります。

顔にのせて伸ばしてみると、筆者には『02 フレッシュ ローズ』がよくなじみました。全体に伸ばしてみると、薄づきなのに毛穴や肌の色ムラがキレイにカバーできます。目元のシミには重ね付けすると、気にならなくなりました。

しっとりとスキンケア効果を感じながらもベタつかないので、その後に使うファンデーションとの相性も抜群。納得の仕上がりになるのもよいポイント。

紫外線・ブルーライト対策ができる上に、これ1本でベースメイクの完成度もぐんとアップするので、時短の面でもコスパの面でもおすすめといえます。ブルーライト対策がまだの方は、いち早く『ランコム UV エクスペール XL CCC』を使ってみてください!
紫外線対策が年中必要なのは、もはや常識。これからは、肌のブルーライト対策も徹底して、シミやくすみが目立たない美肌を目指しましょう!

 

【参考】

ランコム UV エクスペール XL CCC

 

【画像】

※ Denys Prykhodov / Shutterstock

 

Sponsored by 日本ロレアル株式会社