2月4日は大福&朝絞りを!立春に食すべき「幸運を呼ぶ」食べ物

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日2月4日は「立春」で、旧暦では元日に相当する、新しい年の始まりの日です。前日の節分では豆まきによって厄を払う習慣があり、今日は運が切り替わる節目の日となります。

そこで立春の日にぜひ食べたい、幸運を呼び込んでくれる縁起物についてご紹介しましょう。

2016年になってから「今一つ調子が出ない」「うまく行っていない」と思っている方は、特に要チェックですよ。

 

1:立春大福

厄除けを行って吉が訪れるように、立春の日に「立春大吉」と書かれた札を家に貼る習慣がもともとあります。この「立春大吉」という言葉から転じて生まれたのが、立春大福。

紅白餅など昔からめでたい席で登場するのが餅で、大福も縁起のよい食べ物のひとつと考えられています。

和菓子屋などでは立春の日のために作られた「立春大福」を用意しているところがありますので、ぜひ家族と一緒にいただいてはどうでしょう。

 

2:立春朝搾りの酒

立春の日にお酒が一番よい状態になるように仕込まれ、立春の日の早朝に絞り上がったばかりの新酒が「立春朝搾り」と呼ばれるものです。搾りたての新酒は地元の神主さんにお祓いを受け、それがその日のうちに酒屋さんの店頭に並びます。

ご利益がありそうなめでたいお酒で、しかも搾りたてなので味がフレッシュで美味しいとツウをうならせています。

日本名門酒会によると2016年の立春朝搾りに参加する蔵元は日本全国で38あり、事前予約をして購入する方が多いですが、各地の酒屋さんなどで当日でも購入できるかもしれません。

 

どうせ食事をするなら、こんな縁起のよい食べ物をいただいてラッキーを招きいれませんか。

 

【関連記事】

※ 1週間で3kg減も!? 脂肪メラメラ燃焼「痩せ子が好む」最強朝食5つ

※ 試す価値…アリすぎ!誰でも簡単「願い事手帳」で思いが次々現実に

※ 彼の運気うなぎ上り!あの人気占い師が断言「あげまん女性度」診断

※ 運気ダダ下がり!悲劇的に「不運な女がやりがち」風水的NG行動4つ

※ 第一印象でナシ判定!「男が寄り付かない」不幸引き寄せ眉3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ ゲッ…こんなことで!? 「ママ友トラブルに発展する」働きママのNG行動

※ 歩きスマホよりイラッ「迷惑すぎる歩行者」2位ヘッドホン、1位は