人気ヘアメイクJunJunが指南!「一重の人がやると逆効果」NG3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一重や奥二重に似合うアイメイクの仕方って、実は参考になるものが少ないですよね。アイメイクは自分の目の形や全体の雰囲気に合っていないと、きつく見えたり、やりすぎに見えたり。それだけでなく、アイメイクが早く崩れて、夜にはパンダ目のような悲惨な状態になることも……。

今回は、テレビでも話題のヘアメイクアップアーティストJunJun(岩本惇源さん)に、一重・奥二重の人がしてはいけないメイクについて教えてもらいます。

JunJunさんの新著『男子にはわからない女の子だけの楽しみ』からお伝えしていきます。

 

■1:全体につけまつ毛をつける

自分の目幅より大きめだったり、真っ黒だったりするつけまつ毛は、一重さんの顔の許容オーバー。目尻や中央のどちらかだけに3ミリくらいのつけまつ毛だけをオンするなど、自分にあったつけまつ毛、マツエクのつけ方を見つけてください。

 

■2:太いアイラインを引く

「ラインを引けば、目が大きくなる」と思っていませんか。やみくもにラインを引いて、逆に目を小さく見せている人が多いようです。アイラインの引き方は人それぞれ。人によっていちばん違うものなのです。どうしたら目が大きく見えるか、ちゃんと分析しながら描きましょう。

 

■3:濃いアイメイク

ナチュラルに可愛く、キレイに見せたいなら、アイメイクは思い切って、軽く整える程度に。一重や奥二重の場合は、眉やアイメイクを頑張れば頑張るほど、「可愛い」とはかけ離れ、クールな印象になっていきます。

アイメイクの変わりに、肌やチークを血色と光が出るようにつくり、印象を残すようにすると効果的。

 

間違ったメイクだと、逆に目が小さく見えたり、クールな印象になってしまいがちな一重・奥二重。ツケマやエクステ、アイラインも目の形をよくみて、目が大きく見えるポイントを抑えることが大切ですね。

 

【関連記事】

※ アイメイクより大事!「手抜きすると完成度ガタ落ち」3パーツ

※ メイクだけで「一重を二重に見せる」!舞台女優の魔法テクを公開

※ 一重さんがバチっとキマる!北川景子風「アーモンドアイ」のメイク術

※ 1mmラインで…驚きのデカ目に!「女優のヒミツメイク」教えます

※ まるで能面?薄い顔がとことん「のっぺら幸薄に…」残念メイク3連発

 

【姉妹サイト】

※ さあ今日から気持ちをリセット…!「好きになれない同僚」との上手な付き合い方

※ ゲ…毎日やってた!「心臓病リスクが27%UP」する朝のNG習慣とは

 

【取材協力】

※ JunJun・・・ファッション誌『LARME』『JELLY』『nuts』『BLENDA』や広告、カタログ、東京ガールズコレクション(TGC)など、ファッションショーでも活躍中のヘアメイクアップアーティスト。

 

【参考】
JunJun(岩本惇源)(2015)『男子にはわからない女の子だけの楽しみ』(ダイヤモンド社)