あぁ…みんな残念!眉メイクの基本「色選び」成功の秘訣2つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔の印象を左右する重要なパーツといえば眉。自然な眉を描くには、眉メイクアイテムの色選びも重要です。しかし色選びに失敗し、不自然な仕上がりになっている女性は少なくありません。

そこで今回は、美眉アドバイザーとして活動する筆者が、自然に仕上がる眉メイクの色選びについてご紹介します。

 

■髪色と同系色を選ぶのが成功の秘訣!

眉メイクアイテムの色を選ぶときに参考にしたいのが“髪の色”です。例えば同じブラウンでも黄味が強い茶色と、赤味が強い茶色とでは似合う眉色が異なります。黄味がかったブラウンの髪色をしているのに、眉の色が赤味がかったブラウンだと、髪と眉の色がちぐはぐになり、仕上がりが不自然になることも。

まずは髪色をしっかりチェックし、同じ系統色を選ぶのがオススメです。髪色が分かりづらい場合は、これから髪を染めるときに美容師の方に色味を確認するとよいです。また、髪色が深く暗いブラウンの人はダークブラウンを、真っ黒な人は、ダークブラウンやグレーの色合いを選ぶとよいです。

 

■髪色よりワントーン明るい色味を選ぶのがポイント

眉メイクアイテムを選ぶときは色の明るさも意識したいところです。眉は髪色よりも濃く描くいてしまうと眉が必要以上に主張し、顔全体のバランスが悪く見えてしまいます。逆に髪色よりかなり明るい色で描くのもNG。眉は薄すぎると表情が乏しく見えたり、不健康で幸が薄そうに見えたりしてしまいます。

そこで、髪色よりもワントーン明るい色を選ぶのがおすすめです。もともと眉と髪では髪の毛の方が一本一本が太く色も濃いため、眉は髪色よりもワントーン明るい色で描くと自然に仕上がります。

 

■眉メイクアイテムは必ずテスターを使用して確認!

アイブロウペンシルやアイブロウパウダーを選ぶときは、色味だけ見るのではなく、是非テスターを使用してみてください。見ている色と、実際肌にのせたときに色が異なることもあります。

また、アイブロウペンシルの中には芯が固くて描きにくいものもあります。芯がやわらかく色が肌にのりやすいものを選んだ方が、肌への負担が少ないのでおすすめです。アイブロウパウダーは色がしっかり肌にのるものと、のらないものもあるので、手の甲で色の発色を試すとよいです。

 

以上、自然に仕上がる眉メイクの色選びについてご紹介しました。是非参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

アイメイクより大事!「手抜きすると完成度ガタ落ち」3パーツ

石原さとみに中村アンも!「真似ると失敗しがち」芸能人の眉3パターン

アレッ…太った?顔がブクブク大きく見える「残念な眉の描き方」3例

※ サッとひと塗りグッと上がる!整形級「リフトアップメイク」3テク

※ 全部やっても計1分!パッと顔色が明るくなる「メイク前の秘技」3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ しまわず見せる!IKEAグッズ2つで完成「オシャレな帽子収納術」

※ ウッ幻滅!同僚男性がアナタを「異性として見れなくなる」残酷な瞬間3つ