いま結婚のメリットが注目されている本当の理由とは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「結婚? まだ興味ないなぁ」

「ひとりの方が絶対に楽」

このような声におされてか、晩婚化が進んでいます。今年実施された国勢調査によると、30歳代から40歳代前半の女性の未婚率も過去最高となり、35~39歳女性の未婚率は22.4%という結果に。

しかし、このような状況に変化が訪れるのかもしれません。8月17日発売の雑誌ananによると“震災後、結婚願望が変化している”というのです。一体、今までの結婚観がどのように変化しつつあるのでしょうか?

そもそも、現代女性にとって、結婚のメリット・デメリットはどのようなものなのでしょうか? まず、一般的に言われるものの代表的な意見ベスト3をまとめてみました。

 

■結婚のメリット

1. 相手の収入も加わる

2. 精神的拠り所を得ることができる

3. 家族(子供)が増える

 

■結婚のデメリット

1. 自由に過ごす時間が減る

2. 特定の相手(旦那)と簡単に別れることが出来ない

3. 妻・母親としての役割が増える

 

収入の心配なくバリバリ働き、ひとりの時間を楽しんでいる女性にとっては、デメリットがより目につきやすくなってしまうのかもしれません。しかし、震災後デメリットではなく、メリットに注目が集まるようになっているのです。

ananの記事によると「震災を機に結婚がしたくなったか?」という質問に対し、38%が「はい」と答えたのです。ひとりでいることに対し、いざとなったときにとても不安になるということを実感したことや、心配しあえる存在の大切さを感じたことが理由にあるようです。

これは女性だけではなく、男性の結婚観にも影響を与えたようです。

■出来るだけ早く結婚したいと思う?(独身男性に対する質問)

・ 震災前:そう思う(12.8%)

・ 震災後:そう思う(18.6%)

男性にとっても結婚を、誰かを守り支えあう形として受け止める機会になったということでしょうか。女性だけではなく、男性にとってもひとりでいることが気楽であったのが、寂しく心細いものへと変化しているようです。

 

結婚は、良くも悪くも人生に大きな影響をもたらすものですよね。デメリットに注目するのか、メリットに注目するのか、によって結婚への意識が大きく変化するようです。

 

【参考】

※ MSN産経ニュース「65歳以上、過去最高の23% 30代女性未婚率も記録更新」

※ 8月17日発売「anan」 no.17770