ギャッ…メイクやり直し!「チークでおブスに仕上がる」典型的ミス3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかくベースやアイメイクはうまくいったのに、チークで台無し! なんてことはありませんか?

そんなメイク悩みがある方が、やりがちなNG行動があります。今回は、典型的な3つをご紹介しましょう。

 

■1:付属のミニブラシのみを使用している

失敗の大きな原因はこれ。簡易的な付属のミニブラシは、粉をまんべんなく含むことができず、チークが部分的に濃くなりがち。大きなチークブラシを使って、しっかり粉を含ませてからチークを塗るようにしましょう。

家で使うブラシの他に、出先でメイクを直すときに便利な“くり出しタイプ”の大きめブラシを携帯するのもおすすめです。

付属のミニブラシは、外出中お直しするときに使用したほうが賢明です。

 

■2:付ける前に粉を落としていない

忘れがちなのが、ブラシについた余分な粉を落とすこと。ブラシにしっかり粉を含ませたら、チークの容器で柄の部分をトントンして粉を落とすか、ティッシュの上で軽く馴染ませるように粉を落としましょう。

粉を薄く均等にブラシに含ませることが、ムラなくチークを仕上げるための重要なポイントです。

 

■3:手持ちカラーが1種類だけ

アイシャドウやなりたいイメージに合わせて、チークの色も変えてみましょう。アイシャドウがブルーやパープル系のときにはピンク系のチークが、暖色系のときにはオレンジがよく合います。

また、元気・フレッシュなイメージがよければオレンジ、かわいらしい・上品な印象にはピンク、大人かっこいいを目指すならブラウン系のチークを使ってみましょう。洋服の印象に合わせてカラーをチェンジするのもおすすめです。

 

チークは上記のような、ちょっとした工夫で仕上がりに差が出ます。明日から気をつけてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ アイメイクより大事!「手抜きすると完成度ガタ落ち」3パーツ

※ 青みor黄系?「私に似合うピンク」が5秒で判明…チーク選びテク

※ 最悪…メイクやり直し!ダマダマ「汚マスカラ」な人のNG行動5つ

※ ギャッ…メイクやり直し!「アイラインがガッタガタの人」NG行動2つ

※ 手持ちコスメに混ぜてなお良し!「ニベア青缶」コスパ最強使用法3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ 靴下は逆に体を冷やす!? 医師が教える「冷え対策アイテム」2つ

※ 今スグ取り入れて!通勤スタイルを一新する「今春トレンド小物」3つ

 

【画像】

※ Malyugin / Shutterstock