ギャッ失敗…お直しムリ!「ファンデで汚肌になる人」NG行動3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大事なデートやお出かけの日に限って、「今日の仕上がり、最悪!」と思うことはありませんか? とくにベースメイクがうまくいかないと顔全体の印象がダウンし、やり直したくなります。

そんなベースメイクの失敗には、主に3つの原因が! 今回は、気まぐれな仕上がりになってしまうNGポイントをご紹介しましょう。

 

■1:メイク前の保湿が不十分

急いでいると怠りがちなのが、朝の洗顔後の保湿。夜は丁寧にケアしているのに、朝は雑になっていないでしょうか。ベースの仕上がりを左右するので、5分早く起きて念入りに保湿しましょう。

 

■2:下地とファンデの相性が悪い

下地とファンデーションを、別のメーカー、または別ブランドで揃えている方は少なくありません。これ自体は悪くありませんが、下地とファンデーションの相性が悪いために、うまく仕上がらないことも。

ラインで揃えないときには、購入時に手持ちのものを持っていき、合わせてタッチアップしてもらって相性を確認しましょう。

 

■3:手持ちのファンデに合った塗り方を知らない

ファンデーションの種類によって、ブラシで付けたほうがよいもの、スポンジでなじませた方がよいもの、パフで滑らせるように仕上げた方がいいものなど、それぞれに合った塗り方があります。

それを無視した塗り方をすれば、やはりうまく仕上がりません! 購入時に、正しい塗り方をお店で確認し、店頭で自分でも付けてみましょう。

意外と付けるのにテクが必要だったり、ちょっとのコツで仕上がりに差がつくことも。スタッフさんにしっかり教わってきて。

 

上記3つを押さえておけば、ベースメイクの失敗が格段に減ります。今一度、ご自分のベースメイクアイテム、塗り方を確認してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 目元…華やか!「一重・二重・奥二重別」アイシャドウ基本のキ

※ 最悪…メイクやり直し!ダマダマ「汚マスカラ」な人のNG行動5つ

※ 光浦靖子もびっくり!「張ったエラ」の正体判明で長年の悩み解消術

※ 今日からヤメて!白髪に抜け毛…「老化がぐんぐん加速」NGヘアケア

※ 渡辺直美は毎晩!美髪ケアに「ナイトキャップ」をかぶるとイイ訳3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケ

 

【姉妹サイト】

※ 堀北真希にも教えたい!? 話ベタ女子でもデートが盛り上がる会話テク

※ 3位皮脂・2位汗…オフィスで悩ましい男性の「スメル源」ワースト3

 

【画像】

※ mirela bk / Shutterstock