ポジ子vs.ゲス女!徹底比較で判明「いつも好かれる彼女」4つの秘密

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同性異性問わず、愛される女性っていますよね。一方で、残念ながらそうじゃない女性もいます……。この違いは一体何なのでしょうか。

実は好かれる女性には、共通する“ある行動”がありました!

そこで今回は、認定心理カウンセラーの資格を持ち、心理美容家として活動している筆者が、“周りから好かれる女性になるためのヒント”を、比較形式でご紹介します。

 

■1:ポジティブ思考vs.悪口オンパレード

誰からも好かれる女性は、とにかくポジティブ思考でいつも笑顔なのです。そういう女性と話していると、不思議とこちらも明るい気持ちになります。また落ち込んだときも、笑顔でポジティブな言葉をかけてもらうと元気になれるので、相手は「この人といると、安らぐな」という気持ちになれるのです。

一方で、「あの子と一緒に働きたくない」「なんで私がこんなことしないといけないの」など、表面上は仲良くしていても、陰で悪口や不平不満ばかり言っている女性は、周囲から孤立する傾向が。度が過ぎると、「この人は普段こんなことを思っているんだ……」と、信頼を失いかねないので要注意です。

 

■2:平等に接する子vs.八方美人なぶりっ子

相手が誰であろうと、態度を変えずに接する女性は、周りにいるみんなを平等に見ることができるので、自然と人が集まり、みんなから好かれる存在になります。

一方で、派閥を作ろうとしたり、女友達との約束より男性を優先する女性、男性の前だけでぶりっ子キャラになる女性は、同性からの信頼を失い、気が付いたら女友達がいないなんてことも……。

 

■3:素直なイイ子vs.言い訳ばかり女

素直な女性は、心に余裕がある人が多いです。すぐに感謝の言葉を伝えられたり、失敗したときにはすぐに謝れたりできる女性は、相手を決して嫌な気持ちにさせません。

一方で、仕事などでミスをしても言い訳ばかりで、まるで自分の非を認めない女性は、「関わりにくいな」と、人が離れていってしまう確率大です。

 

■4:思いやりがある子vs.自己中な女

常に相手の気持ちや状況を察知し、気を使える女性は、相手に好印象を与えます。このような女性は、他人の喜びをも自分のことのように喜べる人が多いです。

一方で、自分のことしか考えられない自己中心的な女性は、人の幸せ話を聞いても自分の幸せと比較し、妬む傾向にあります。しかも、このような妬みの感情は表情筋にも現れ、見た目や印象でも嫌なイメージを与えかねません。

 

より良い人間関係とは、“信頼感”が大切であることがわかりますよね。また、自分とよく似た人が寄ってくるものなので、これらの“好かれる女性のヒント”を意識して、まず自分を変えてみたら、良い人間関係が生まれるかもしれません。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 苦労するぞ~!男がみるみるダメになる「さげまん女子」特徴6つ

※ 負の感情をリセット!「マイナス脳」から脱却する簡単すぎる法則

※ ヤダ…超見られてる?男友達もドキッ「女度格上げメイクテク」3つ

※ 人間関係で…疲れてない?「環境を好転させる」魔法の言葉3つ

※ 今年こそ人間関係で悩まない!内から外から「よい気が集まる」秘策

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ 頼りなくてもOK!結婚後「本当に良い夫」になる男性の特徴3つ

※ デキる女性はみな早寝?「夜更かしすると仕事がはかどらない」理由3つ

 

【画像】

※ Antonio Guillem / Shutterstock