1日1回はやりたい!細工ナシで「デカ目になれる」パッチリ習慣3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッチリとした瞳に憧れる女性は少なくありません。大きな瞳に近づくためには、むくみを解消し、眼輪筋を刺激することが効果的!

そこで今回は、多くの専門家への取材を行ってきた美容ライターの筆者が、一日に一回は取り入れたい、パッチリ瞳を作る習慣を3つご紹介します。

 

■1:眼輪筋を刺激してむくみを解消!“変顔”エクササイズ

目元は皮膚が薄く、むくみやすい部分でもあります。眼輪筋を動かし、目元の血行やリンパの流れをよくすることで、むくみがスッキリ解消され、目がパッチリとします。

やり方は簡単! あごを少し上げ、鏡をあごの下で持ちます。顔を動かさずに目だけでその鏡を見るように意識してみてください。そうすると上まぶたの奥がグーッと伸びているのを実感できます。これを3秒×3セット行うことで眼輪筋が伸縮し、血行やリンパの流れがよくなって、むくみ解消につながります。

「まぶたの筋肉が刺激されている」という感覚が重要です。

 

■2:目をいつもパッチリとあけるように意識する

実は「目をいつもしっかりとあけるように意識する」ということが大切です。目をしっかりと開く意識をせず、常に眠そうな表情をしている人は、目のまわりの筋肉が衰えやすく、たるみを招きやすくなります。目の周辺がたるんでしまうと、目が大きく見えるどころか、目がどんどん小さく見えてしまいます。

目を見開く必要はありませんが、目をパッチリとあけるように意識するだけで、眼輪筋が刺激されます。これを毎日意識するだけでも、むくみにくく、パッチリとした目元につながります。

 

■3:4点ツボ押しで血行促進&むくみ解消

目のまわりのツボを押すことで、血行が促進されてむくみ解消につながります。力が入りにくい中指や薬指を使用し、3カウントでゆっくり押し、3カウントでゆっくり離すと効果的です。順に、眉頭の下のくぼみ、眉骨の下のくぼみ、こめかみ、目の下のくぼみと行うとよいです。

眉骨の下、目の下のくぼみは指を横に寝かせてグッと上に押し上げるようにすると効果的です。

 

以上、パッチリ瞳を作る習慣をご紹介しました。是非試してみてくださいね!

 

【関連記事】

30秒で「目の下のクマ」を撃退!押すだけ簡単…オバ疲れ救済テク

後輩から「老けまつげ」認定!30代から知っておきたいマツゲ老化事情

結婚会見の北川景子に変化が!幸せキャッチ「愛され眉」2つの秘密

石原さとみに中村アンも!「真似ると失敗しがち」芸能人の眉3パターン

出会って「3秒で嫌われる」!初対面の印象ガタ落ち…危険パーツ3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ エッ…お宅は月3回以下!? 夫が「エセ愛妻家」かどうかの境界線が判明

※ 2位矢口真里より嫌悪感!不祥事以来「TVで見たくない」芸能人1位は