食後のルーティンはNG!「みるみる太る」危険なおやつの食べ方3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“おやつ=太る”。そう思っている方は多いでしょう。そのため、無理な我慢を続けてストレスを溜め、ドカ食い……なんて経験をしたことがある方も少なくないはず。しかし、食べ方の工夫をすれば、おやつを食べても太りにくい体をキープすることができるのです。

今回は、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、“太りやすくなるおやつの食べ方”についてお伝えしていきたいと思います。

 

■1:食後“すぐ”に食べる

「食後のおやつは太りにくい」と思い、毎日のルーティン習慣としておやつを食べていませんか? 食事で血糖値が上昇しているこのタイミング……実は要注意なのです。その理由は、おやつを食べることでさらに血糖値が上昇し、それを下げるためにインスリンが放出されるから。インスリンには脂肪の合成を高め、分解を抑制する働きがあるので、大量に放出されると内臓脂肪がつきやすくなります。

血糖値の急上昇を抑えるためにも、食後2時間ほど空けてからおやつを食べることをオススメします。

 

■2:200kcal以上摂取する

お菓子や酒、コーヒーなどの嗜好品の一日の摂取は、150~200kcalに抑えるのがダイエット成功のコツ。

甘い物が食べたくなったら、芋類や果物、ヨーグルトなどで代用してみては。

 

■3:洋菓子が好き

糖質や脂質を多く含む洋菓子より、血糖値の上昇を緩やかにする水溶性食物繊維を多く含む寒天を使った和菓子の方がダイエット向けです。水羊羹やゼリーを食べるのも良いでしょう。

とは言っても、砂糖も含まれるので食べ過ぎは厳禁です。

 

毎日おやつが欠かせないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

バレンタインまでに-5kg!今日から始める「ノーストレス」ダイエット

さっき食べて…もう腹ヘリ!ダイエットに不向き「腹持ちが悪い食品」3種

やっぱ毎日食べよ!ド定番「おにぎり」がダイエットに超絶いいワケ

ミランダはコンブチャ…ビヨンセは?セレブが成功「噂のダイエット」4選

※ 深夜に800kcal超えじゃ…おデブ一直線!高カロリーな「飯テロ」3選

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ 3位江口洋介、2位福山!職場でほめ言葉に使える「理想の夫」1位は…

※ ベッキーもタレント生命終了?不倫スキャンダルで消えた芸能人まとめ

 

【画像】

※ Voyagerix / Shutterstock