何をいつ…がポイント!「痩せるチョコの食べ方」3つの極意

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートを毎日食べると、みるみるうちに太ってしまう人がいる一方で、なんと、スリムになっていく人がいるとか……。なぜならチョコレートには、食物繊維やポリフェノールといった女性にうれしい栄養分が豊富に含まれ、それらをいかに効率よく摂取できるかで、チョコを食べて太るか痩せるかの分かれ道となるようです。

そんな“痩せるチョコレートの食べ方”には、キーとなる重要な3つのポイントがあります。

 

1:チョコレートの選び方

チョコレートに食物繊維とポリフェノールが多いというのは、チョコレートの原料となるカカオにそれらが含まれているから。だからチョコレートを食べて痩せるためには、カカオの割合が大きいことが重要。カカオ含有率70%以上が望ましいでしょう。

カカオ含有率が高いチョコレートは、パッケージに「●%」と表示されているものが多いので、それを目印に探しましょう。

逆にダイエットに不向きなチョコレートは、ホワイトチョコレート。ホワイトチョコレートは脂肪分と砂糖、ミルクだけでできていることが多く、食べても単に太るだけのものが多々。それに生チョコレートをはじめとした、クリームをたっぷり使ったチョコレートは高カロリーになるため、痩せたいなら控えるべきでしょう。

 

2:チョコレートを食べる時間

チョコレートを食べるのは、食前にしましょう。食事の20~30分前くらいにチョコレートを食べればちょうど食事を摂り始める頃に、刺激を受けた満腹中枢が「体が食べ物を摂取しはじめた」と認識するので、食事量を普段よりもセーブできるようになるはずです。

またダイエット中の人が小腹がすいたときに、チョコレートを間食として“少量”を食べるのもOKです。

 

3:チョコレートの理想的な量

一日に食べるチョコレートの量は、50gが目安とされます。板チョコでだいたい一枚程度です。一度に全部を食べるのではなく、3回の食事ごとに50gを小分けにして食べていくと良いでしょう。

 

チョコレートにはミネラル類も含まれ、美肌につながる栄養がいっぱいなんです。賢くチョコレートを食べて、上手にボディメイクをしてみませんか?

 

【関連記事】

※ スイーツ好き痩せ子の秘密!食べても太りにくい「甘い物の選び方」

※ うそっ…600kcal超えはツラい!「高カロリーなコンビニスイーツ」4選

※ 1月中にリセット!みるみる痩せ子の「ノーストレスダイエット」3法則

※ 間違えるとおデブ一直線!「高カロリーなお酒・麺・パン」ランキング

※ これなら絶対誰でもできる!「ながら」で痩せる何てことない4習慣

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ 3位前田敦子より…「元カレを引きずりそうな女性」2位、1位は?

※ デキる人ほどやってた!「英語能力テスト」スコアアップのコツ3つ