サッとひと塗りグッと上がる!整形級「リフトアップメイク」3テク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの女性のお悩みのひとつがたるみ。頬やフェイスラインのたるみを気にする女性は少なくありません。そんな女性に是非試してもらいたいのが、“リフトアップメイク”。メイクで3ヵ所意識するだけで、いつもより顔がグッと引き上がって見えます。

そこで今回は、メイク講師の経験を持つ筆者が、顔がリフトアップして見えるメイクのポイントを3つご紹介します。

 

■1:眉の角度は“やや上昇気味”が正解

美レンジャー

最近は床と平行に描く“平行眉”が人気を集めていますが、フェイスラインや頬がリフトアップしているように見せたい場合は、やや眉に角度をつけて上昇気味に描くのがおすすめ。視覚効果で顔の重心が上に引き上がって見えることから、フェイスラインや頬がキュッと引き上がって見えます。

逆に、眉尻が下がった“困り眉”はNG! 顔の重心が下に見え、いつもよりフェイスラインがふっくら見えたり、たるんで見えたりしてしまうのでおすすめできません。眉尻は、眉頭よりも下がらないように意識して描いてくださいね。

 

■2:チークは頬の“高い位置”で重心を上へ

フェイスラインや頬を上がっているように見せるためには、顔の重心を上に持ってくる必要があります。そこでチークを入れる位置も大切です。チークは頬骨のやや下に入れる人が多いのですが、あえて頬骨に沿って高い位置に入れることで顔の重心が上がり、顔全体がリフトアップして見えます。

また、チークを入れるときに、少し斜め上に引き上げるように入れると、より頬や目尻がキュッと上に上がって見えます。

 

■3:Cゾーンハイライトで顔全体をリフトアップ

仕上げにハイライトパウダーを使用すると、一気に顔にハリと透明感がプラスされます。特に(2)でチークを入れた位置の上あたりから、目尻やこめかみにかけてのCゾーンにしっかりとハイライトを入れることで、光の効果で顔がグッと引き上がって見えます。

ハイライトパウダーは、ラメがたくさん入っているものよりも、細かなパールが微かに感じられるタイプの方が自然に仕上がるのでおすすめです。

 

以上、リフトアップメイクのポイントをご紹介しました。是非試してみてください。

 

【関連記事】

※ ローラに石原さとみも!「真似ると失敗しがち」芸能人メイク3パターン

石原さとみに中村アンも!「真似ると失敗しがち」芸能人の眉3パターン

結婚会見の北川景子に変化が!幸せキャッチ「愛され眉」2つの秘密

女のヒミツ作業!「顔のうぶ毛剃り」をしないとヤバいデメリット4つ

残念黒タイツ女子が街中に!極太な「大根足に見える」NGタイツ3選

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ 2代目紗栄子!? 「玉の輿を狙ってそうな芸能人」ローラに大差で1位は

※ 職場の美女子もびっくり!美漢方的「色で冷えを撃退」あったかテク3つ