ローラに石原さとみも!「真似ると失敗しがち」芸能人メイク3パターン

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

憧れの女性芸能人に近づくため、メイクを真似る女性は少なくありません。しかし、ただ闇雲に真似をするだけだと、顔のバランスが崩れてしまうことも……。

そこで今回は、メイク講師の経験を持ち、美眉アドバイザーとして活動する筆者が、真似して失敗を招く人が多い女性芸能人のメイクを3パターンご紹介します。

 

■NG1:石原さとみ細眉メイクで“唇オバケ”になっている人多し!

石原さとみに憧れ、眉を細く整えている女性は少なくありません。しかし、誰でも細眉が似合うというわけではありません。眉の太さは目の大きさとのバランスが重要。目がパッチリと大きな人が細眉にしてしまうと、目が不自然に強調されてしまい、顔全体のバランスが崩れてしまいます。

また、眉を細くすることで眉の存在感が薄れます。そんな中で石原さとみのぷっくら唇を真似て、リップラインをオーバーライン気味に描いたり、リップグロスをたっぷり塗ったりすると唇の存在感が強くなり過ぎて、唇ばかりが目立ってしまいます。

メイクは顔全体のバランスが大切なので、一部分ばかりが目立ち過ぎないように意識することが大切です。

 

■NG2:綾瀬はるかの平行眉で“あか抜けない顔”になっている人多し!

綾瀬はるかのようなナチュラルメイクに憧れてメイクを薄くした結果、不健康で貧相な顔立ちになってしまっている人も……。ナチュラルに見せるには、ただメイクを薄くするのではなく、ナチュラルに見えるように工夫する必要があります。

アイラインは“引かない”のではなく、“黒ではなくブラウンで引く”など、メイクを薄くするのではなく、自然に見える色選びを工夫した方が失敗しにくいです。

また、綾瀬はるかといえば、床と平行に描く“平行眉”がトレードマーク。しかしこの眉は、似合う人とそうでない人がいます。切れ長で目に角度がある人が平行眉にすると、目と眉のバランスが悪くなることもあります。無理に平行眉を取り入れるのではなく、眉は目の角度に近い角度で描くのがおすすめです。

 

■NG3:ローラメイクで“顔だけド派手”なバランスを崩す人多し!

ローラといえばパッチリと大きなアイメイクと、太く存在感のある眉がトレードマーク。しかし目元と眉は真似したものの、ヘアスタイルやファッションはいつものまま……という女性は少なくありません。

ローラほどの強いアイメイクや眉メイクを施した場合、ヘアスタイルも華やかにしないと全体のバランスがとれません。ファッションも同様、シンプル過ぎるものを着ると顔だけが浮いてしまいます。ローラのインスタグラム等を参考に、ヘアやファッションも真似てみるのがおすすめです。

 

このように、ただ闇雲に真似をするのではなく、メイクを真似するときは自分の顔立ちに合っているか、他のパーツ・ヘアやファッションとのバランスがとれているかも意識してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 石原さとみに中村アンも!「真似ると失敗しがち」芸能人の眉3パターン

結婚会見の北川景子に変化が!幸せキャッチ「愛され眉」2つの秘密

平子理沙の「グラマラス顔」メイク術!4ポイントで可愛い色気が完成

日本人にブラウンは似合わない?本当に似合う「アイカラー」の見つけ方

※ 北川景子も悩み中…「前髪伸ばすor切る」?2016春の先取りバングス

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ 満腹まで食べるより太る!実験で判明した「おデブ一直線」な食べ方

※ 整形なみ!脱のっぺりが叶う「一重・奥二重メイク」朝の小ワザ3つ