女優のヒミツテク教えます!「彫り深デカ目」を作るダブルライン術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞台メイクには、遠くのお客様まで顔がはっきり見えるよう、様々な工夫がされています。今回は舞台女優として活動する筆者が、舞台メイクでよく使われる技法“ダブルライン”を応用し、目がくっきり大きく見えるアイメイクを解説します。

一重の方は過去記事の「メイクだけで“一重を二重に見せる”!舞台女優の魔法テクを公開」を参考にしていただくとわかりやすいでしょう。ひと手間加えるだけで、くっきりとした“彫り深な目”になるダブルライン、さっそくご紹介しましょう。

 

■ダブルラインとは

主に舞台メイクで使われる技法で、二重の上にさらに濃いラインを引き、目の窪みを、より深く見せるものです。宝塚のメイクをイメージしていただくとわかりやすいと思います。

普段のメイクで舞台用のダブルラインを引いてしまうと、さすがに引かれてしまうと思いますので、ダブルラインの位置を変えて自然に見せる応用編でご紹介します。

 

■くっきり彫り深アイのつくり方

(1)二重の線をなぞる

まずは、ブラウンのペンシルアイライナーを使って、二重の線をなぞっていきます。ずれてしまうと目を開けた時、ラインが見えるところと、見えないところが出てきてしまうので、線の上をぴったり引くように意識をしましょう。

(2)ぼかす

このままでも目を開けた時は自然なのですが、下を向いた際に不自然な線が見えてしまうので、指や綿棒を使って“上方向に”ぼかします。上方向にぼかすことによって、まぶたの窪みに影ができ、さらに二重がくっきり見えます。

(3)二重の終わりにもうひと手間

下画像の部分。目尻の二重の延長線上を、ほんの1ミリだけ延ばします。ポイントは、跳ね上げたり下げたりせず、あくまで二重の線が続いているように、延長線上を意識することです。ここを延ばすと、外国人風の彫りの深い目になります。

 

■ダブルラインのポイント

(1)上手に引くコツ

線を引く際に、瞼をしっかり閉じず、半目にしながら行うと、二重のラインがわかりやすくなりますよ。

(2)順番が大切

あくまでナチュラルにという方は、アイシャドウを引いてからラインを入れてください。よりくっきりさせたいという方は、すべてのメイク手順が終わってから、最後にラインを引くことをおすすめします。

 

線を二重に重ねることで、くっきり彫り深に見せるダブルライン。いつものメイクにちょい足しをして、印象的な目元に変身しましょう。ぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 目元…華やか!「一重・二重・奥二重別」アイシャドウ基本のキ

※ 目が驚くほど「小さく見える」悲劇…!やりがち残念アイメイク4選

※ 結婚会見の北川景子に変化が!幸せキャッチ「愛され眉」2つの秘密

※ アイメイクの新常識!旬顔を作る「下まぶたテク」4色の魔法

※ 驚くほど疲れ目スッキリ!プロ秘伝「目もとクリア術」簡単3ステップ

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ 重いものは一番下に!肩こり&腰痛がスッキリするバッグの持ち方

※ 出勤前のササッ…で華やか美人!「脱あっさり顔」の改善ポイント3つ

 

【画像】

※  Ilkiv Anastasia / Shutterstock