えっ…間違ってた!「風邪気味でもお風呂がイイ」理由&オススメ入浴法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「風邪をひいている時はお風呂に入らないように……」そう言われて育った方が多いのではないでしょうか? でも実は、風邪気味の時こそお風呂に入るべきなのです。

今回は、その所以と、風邪気味の時の正しい入浴方法を、ナイトケアアドバイザーでもある筆者がご紹介します。

 

■昔の日本の家屋と浴室

昔の日本の家屋は、木造建築で隙間風が入りやすかったり、母屋から離れたところに浴室があったり、自宅にお風呂がないため銭湯まで行かなければならなかったりと、せっかく入浴しても湯冷めしてしまうことが多い住宅環境でした。

ドライヤーや暖房器具なども揃っていなかった時代です。そのため体調が優れない時にお風呂に入ることでどんどん放熱が進み、風邪が悪化することも多かったようです。これが風邪気味の時は、お風呂は避けるべきとされてきた所以です。

 

■“風邪の時にお風呂は入ってはいけない”は日本特有の考え

欧米などでは、風邪をひいたからといってお風呂に入ってはいけないというルールはありません。湯冷めしないようガウンを着る習慣があったり、保温効果の高い石造りの家に住んでいることなどと関係していると考えられます。

現在の日本の家屋は気密性があり、暖房器具が広く使われるようになったため、湯冷めを凌ぐことは可能になっています。

 

お風呂で免疫力をアップ

湯船の中に入ってしばらくすると、汗をじんわりかいてきます。これは体温が上昇している証拠。

体温が上がることでウイルスを防御し、腫瘍細胞を攻撃する働きのあるナチュラルキラー細胞が増殖します。また、抗炎症作用や、細胞保護作用の高いヒートショックプロテインというたんぱく質の一種が増加します。

つまりは免疫力が上がるため、風邪気味かなと感じたら、ヒートショックプロテインが増える入浴法を行う必要があるのです。

 

■風邪気味の時の入浴方法

正確にはヒートショックプロテインが増えているか検査をしなければわかりませんが、だいたい40度のお湯に20分、41度のお湯では15分を目安に入浴するとよいとされています。体温が2度ほどアップしていれば問題ないでしょう。

中途半端な体温上昇では体の芯まで温まっていないため、お風呂上がりに体が余計に冷えてしまい、風邪が悪化する可能性があるので注意が必要です。入浴後は浴室でしっかり水分をふき取り、冬場は特に、靴下やレッグウォーマー、パジャマの上にカーディガン、ガウンなどを羽織って、体温が1度以上、下がらないよう工夫してください。

室内が寒ければ体温も下がりやすいので、脱衣所や部屋も暖房器具で温めておき、全身保温を行いましょう。

 

■入浴する体力がない場合は控えること!

もちろん、お風呂に入る体力や気力がない場合は、無理して入る必要はありません。そのため悪化する前に、なんとなく風邪っぽいなと感じたときに上記の入浴法を試してみるとよいでしょう。

入浴後から就寝まで時間が空きすぎると体温が下がりすぎてしまい、末端が冷えてしまいます。なので部屋の環境にもよりますが、30分~90分以内にベッドに入るようにしてください。

 

ちなみに筆者経営の生活習慣改善サロンでは、平熱35度台の方がこの入浴法をきちんと1週間ほど行うことで、36度台まで上がっています。ぜひ、みなさんもご活用くださいね。

 

【関連記事】

※ ブルブル…寒くて眠れない夜「快眠ツボ」で朝までぐっすり熟睡する技

※ ただ入るだけじゃ大損!冷えに風邪…「本気で迎え撃つ人の入浴法」3つ

※ えっ…一番湯は避けるべき?乾燥肌がモーレツ加速「冬の入浴」注意点

※ 「足もみ」で女子の不調解消!臓器に刺激…ホルモン正常化プログラム

※ やればやるほどスラッと脚!「むくみ撃退」ストレッチ&マッサージ

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ 福山雅治は結婚がダメージか?「逆チョコされたい芸能人」1位は

※ 今年こそ貯金!家計簿が続かない人もOK「シンプルなお金管理」3ステップ

 

【画像】

※ Goodluz / Shutterstock