これなら絶対誰でもできる!「ながら」で痩せる何てことない4習慣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月も後半に差し掛かりました。そろそろお正月太りも解消されてきたのではないでしょうか。もし、「いまだにお正月太りを引きずっている」という方は、無理なダイエットを試みたり、高すぎる目標を立てたり……もしくは最初から諦めてしまっていませんか?

ここでは、毎日おこなう習慣をほんの少し変えるだけで、無理なく痩せるための方法を4つご紹介していきたいと思います。

 

■1:歯磨きはつま先立ちで

東洋医学で“第二の心臓”といわれるふくらはぎの筋肉を動かすと、代謝がアップします。

歯磨きや洗顔をしているときはつま先立ちになり、かかとを上げ下げしてみましょう。

 

■2:メイクはお腹に力を入れながら

お腹と背中がつくようにグーッとへこませるだけで、お腹周りの筋肉に刺激を与えることができます。

メイク中は、お腹に力を入れてへこませてみましょう。

 

■3:大股・早足で歩く

ダイエットのためによく歩くようにしていても、うつむきながらスマートフォンを見ていたり、のんびりとしたペースで歩いたりしていては効果が薄れてしまいます。

歩幅を広く、息がハッハッと上がるペースで歩くようにしてみましょう。

 

■4:電車内では立ったままで

電車での移動時間は最高のダイエットタイム。ただ立っているだけで、座っているときの約2倍も消費カロリーが増えるとか。空席を見つけても座らないという習慣をつけてみるのも良いですよね。

 

「ジムに通う時間がない」「運動は苦手」という方も、ぜひ試してみてください。

 

【関連記事】

「食べても痩せ子」の秘密はコレ!ツラさゼロの最強ダイエット特集

1月中にリセット!みるみる痩せ子の「ノーストレスダイエット」3法則

ノンオイル女子におブス注意報!「油抜きダイエット」要注意ポイント

※ バレンタインまでに-5kg!今日から始める「ノーストレス」ダイエット

※ これでどうだ!ついに決別「しつこい慢性冷え」に効く3つの温めテク

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ 朝の11分で寿命が2年延びる!? 老化防止の「通勤ウォーキング」習慣

※ ウッくせぇ…男が萎える「デリケートゾーンのニオイ」正しいケアとは

 

【画像】

※ Gts / Shutterstock