ガサガサ角質よさらば!キッチンで混ぜるだけ「手作りスクラブ」3選

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬場になるとガサガサになってしまうのが、かかとや膝。すべすべ肌の赤ちゃんと違って、角質は年齢が増えるほど溜まる一方で、保湿クリームを塗るだけでは太刀打ちできません。だからそんなときは、お手製スクラブで角質をオフしましょう。

今回は、キッチンにあるもので簡単に作れるスクラブ3種類をご紹介します。

 

1:塩

手作りスクラブの基本は、塩とオイルです。粒子が粗い“あらじお”タイプは、肌を傷つけてしまうので、粒子の細かいパウダータイプの自然塩を用意し、オリーブオイルやココナッツオイルと適量混ぜ合わせましょう。

 

■2:砂糖

砂糖は優れた保湿力をもつため、角質を取り除きながらお肌に潤いも補給してくれます。ミネラルもたっぷりのブラウンシュガーや黒糖を使うとよりお肌にやさしくなります。少量のはちみつと混ぜれば、唇にも使えるシュガースクラブが完成します。

肌が乾燥しすぎて塩のスクラブでは刺激が強い場合や、敏感肌の方には砂糖のスクラブが合うでしょう。

 

3:コーヒーの出がらし

コーヒーの出がらしを、先に紹介した塩や砂糖のスクラブにミックスするのもおすすめ。コーヒーの香りを楽しみながら使えるので、コーヒー好きの方には最高のリラックス効果となるでしょう。

緑茶や紅茶でも、残った茶葉を同様にスクラブに混ぜてもOKです。

 

ここで紹介した3つのスクラブは、オイルをさまざまなものに変えたり、精油を垂らして香りに変化をつけたりと、自分好みにアレンジを楽しめます。

かかとや肘、膝が気になったら、こんなスクラブ美容にトライしてみませんか。

 

【関連記事】

※ 江角マキコに皮膚科医が喝!朝「顔を洗うvs.洗わない」老けるのは…

※ 美容成分…ぐんぐん浸透!話題の「乳液ピーリング」で保湿&角質ケア

※ 美容家IKKOも激推し!コスパ最強「まゆ玉」でツルッツル角質ケア

※ 女のヒミツ作業!「顔のうぶ毛剃り」をしないとヤバいデメリット4つ

※ 子どもと一緒にガンガン使える!「コスパも保湿力も花マル」おすすめ3選

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

もう怖くない!「年収500万円の壁」を打破する転職のコツ3つ

あーガマンできないっ!男性が思わず彼女を抱きしめたくなる瞬間とは