洗顔料アリorナシ…?「どっちか迷う」スキンケアの疑問これで解決

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝起きたら何となく洗顔をして、歯を磨いて……と誰もが漠然と身支度を整えているはず。けど、よーく考えてみると、朝洗顔では“洗顔料”を使うべきか否か、寒い冬でも水洗いがいいのか、ぬるま湯にすべきかなど、実は疑問を解決しないまま行っていることも多いですよね。

そこで今回は、『美レンジャー』の過去記事をもとに、スキンケアに関するQ&Aを集めてみました。さぁ、早速あなたの日常習慣と比較してみて。

 

■1:朝顔を洗うのに洗顔料は必要or不要?

「20代の半数が朝は水洗顔!“水のみor洗顔料使用”どっちが正解?」によると、ズバリ答えは、“肌のコンディションによる”とのこと。

洗顔料を使用しないという人は、Tゾーンがぬるついたり、クリームが顔に残ってしまったりといった不快感がない場合に多いようです。一方、洗顔料を使用するという人は、皮脂の分泌が多くべたつきを感じているためとか。前日の夜のケアで塗ったクリームの油分で、ぬめりを感じる場合も洗顔料を使用したほうがいいと言えるでしょう。

つまり、水で洗ってもぬるつくときには、洗顔料を使うべきです。

そもそも顔を朝洗うのか、洗わないのか、どっちにすべきかは、「江角マキコに皮膚科医が喝!朝“顔を洗うvs.洗わない”老けるのは…」を読むと一目瞭然です。

 

■2:ぬるま湯or水どっち?正しい洗顔基本のき

「今さら聞けない超基本“正しい洗顔”できてる自信ありますか?」では、洗顔の基本のステップをご紹介。洗顔料を使う場合、しっかり泡立てたら、鼻の周り、Tゾーン、あご先、頬~フェイスライン、目もと、と洗っていきます。

すすぐ際には、熱すぎるお湯はNG。肌の乾燥につながります。一方、冷たすぎる水では毛穴が閉じ、汚れも落ちにくくなります。ゴシゴシこすらず、人肌くらいのぬるま湯でよくすすぐのがポイントです。

 

■3:素手orコットン?化粧水の正しいつけ方

「皮膚科医が教える!化粧水のつけ方“手orコットン”正しいのは…」によると、コットンの使用で必要以上に肌を傷つけてしまう恐れがあるとか。手でつけたほうが肌を労りながら優しくケアできるそうです。

また化粧水をつけるときにはパッティングが重要ですが、顔をパンパン強く叩くのもNG。摩擦の刺激で色素沈着を起こす可能性もあります。擦らずに、そっとハンドプレスで化粧水を肌にしっかり密着させましょう。

 

■4:うぶ毛や口周りのヒゲは剃るor剃らない?

「9割の女子が悩む!口周りのヒゲは“剃るべきか否か”正解はどっち」では、ヒゲのお手入れ法を伝授。記事内のアンケートによると、鼻の下、口まわり、顎の毛をお手入れしている女性の合計は、なんと7割弱になるとか。放置しているのはイヤという人が多いのがうかがえます。ただし剃るのは、毛深い人であっても、多くても週1回程度のペースで処理するのがベターとのこと。

「女のヒミツ作業!“顔のうぶ毛剃り”をしないとヤバいデメリット4つ」にもありますが、3週間に一度の割合で処理するのが理想的です。

 

美肌作りに欠かせないスキンケア。正しいお肌のお手入れで、透明感のある明るいツヤを手に入れてくださいね。

 

【関連記事】

※ 3つのNG習慣…今日からやめて!「洗う度に老けてく人」の悲劇的な洗顔法

※ 「乾燥対策に水だけ洗顔」はNO!専門医が教える正しい洗顔法紹介

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ あーガマンできないっ!男性が思わず彼女を抱きしめたくなる瞬間とは

※ 始めなきゃ損!「コストかけずにキャリアアップ」を実現するコツ

 

【画像】

※ Avesun / Shutterstock