勘違い多数「化粧水つけて即保湿」はNG!逆効果なスキンケア3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乾燥が気になるこの季節は、シワ予防のためにもお肌を保湿することが大切ですよね。皆さん、化粧水をバシャバシャつければそれでよし!と思っていませんか?

そこで今回は美容ライターである筆者が、保湿どころか逆効果な化粧水のNGな使い方を3つお話したいと思います。

 

NG1:顔をパンパン強く叩いている

化粧水はパッティングが重要。あなたは化粧水を肌に叩きこむときに、本当に手でパンパンと顔を強く叩いていませんか?

これ、実はめちゃくちゃお肌によくないのです。肌の色素沈着は摩擦からきます。手で強く顔を叩いてしまうと摩擦が強すぎて、顔にシミができちゃうことも。

化粧水はコットンや手にとり“優しく”肌になじませ、最後にハンドプレスで化粧水を肌に押し込んであげて。

 

NG2:化粧水をつけた直後に保湿剤をつける

朝はとっても忙しいもの。化粧水を付けた直後に乳液などの保湿クリームや保湿剤をつけていませんか? 化粧水をゆっくり肌になじませた後は、化粧水が肌に浸透するまで数分放置しましょう。

まだ化粧水が表皮に残っているヌルヌルの状態で、保湿剤をつけてしまうと化粧水と保湿剤が肌の上で混ざってしまい、きちんと保湿ができません。うるうる肌を実現するには、焦りは禁物。

水分配合が多い化粧水を肌にじっくり浸透させてから、油分が入っている乳液やクリームなどで肌にフタをしましょう。

化粧水を塗布後に放置しすぎると肌がまた乾燥するので、肌の表面が潤った状態のうちにクリームをつけてあげて。

 

NG3:化粧水だけをつけている

保湿力高めのしっとりとした化粧水は、確かにそれだけでも十分乾燥対策になりそう。でも、この季節は、やはり保湿剤に含まれた油分で肌にフタをしてあげたほうが安心です。

特に、シワが気になる箇所には、乳液やクリームなどをつけて十分保湿をしましょう。肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下し、シワ以外の肌荒れやシミの原因にもなるので気をつけて。

 

化粧水の付け方でお肌の保湿力に違いが出てきます。化粧水をバシャバシャ使っているのに肌が乾燥気味という方は、化粧水の使い方を見直してみませんか?

 

【関連記事】

残酷ですが…目立ってます!「ほうれい線くっきり」勘違いメイク3連発

江角マキコに皮膚科医が喝!朝「顔を洗うvs.洗わない」老けるのは…

残酷なほど…悪目立ち!30代が陥る「ヤバ~い時代遅れメイク」3連発

ヒゲじゃないよ…ウブ毛です!女のヒミツ作業「鼻下の処理」3つの方法

OVER35の2大悩み!「削げ落ち頬とほうれい線」解消メイク術

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ ねぇ好き?シャイな彼に「愛してる」と言わせる絶妙なタイミング3つ

※ 職場でモテ独占!男性陣をキュンっとさせる「ちょいセクシー」テク3つ

 

【画像】

※ Andrey_Popov / Shutterstock