メイクだけで「一重を二重に見せる」!舞台女優の魔法テクを公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビや雑誌を見ると、やっぱり二重の女性が多い気がする……。テープやのりで二重にするグッズはたくさんあるけれど、顔がまるっきり別人になってしまうのは避けたい。そんな悩みはありませんか?

今回は舞台メイクのテクニックとして使われる“ダブルライン”を応用し、グッズを使わずに“メイクだけで”簡単に二重に見せる方法を、舞台に立つ経験も多い筆者がご紹介します。

 

■1:理想の二重ラインを決める

まずは目を開けた状態で二重にしたいラインを決めます。ラインを決めたら、ブラウンのペンシルアイライナーを使い、決めたラインに沿って線を引いていきます。おそれず、絵を描く様にくっきりとラインを書いてみましょう。

 

■2:線をなじませる

このままだと不自然なため、綿棒や指を使って上方向にぼかします。線がぼんやりと見える程度までぼかせたら、上からブラウンのアイシャドウをのせていきます。範囲は、線を引いた場所より少し上から目のふちまでです。アイシャドウは光を反射し、自然に見えるラメ入りのものをおすすめします。

 

■3:ハイライトがポイント

ここから最後の仕上げです。最初に引いたブラウンラインと目のふちの間にベージュのハイライトをのせます(下のイラスト参照)。ハイライトも先程と同じ理由から、ラメ入りのものをおすすめします。ハイライトを入れた部分はふっくら見え、線を引いた部分が影に見えることで、二重に見える仕組みになっています。

そして完成がこちら!

写真では、わかりやすいように濃いめに線をつくっていますが、しっかりぼかすことで、よりナチュラルに仕上がります。

 

グッズを使わずに仕上げるので、二重の幅も自由です。くっきり二重にしたい場合は、目のふちからラインまでの幅を広めにとります。また、自然に見せたい場合は、幅を狭くとりましょう。気付いたらテープがはがれていた! という心配もなく、気になったらラインを少し濃くする程度で、お直しも簡単です。

自分の顔の“気になる”を今日から“気にならない”に変えていきましょう。

 

【関連記事】

※ 眉毛切りすぎ女子…多発!美人顔を作る「正しい眉ケア」とは

※ ローラに石原さとみも!「真似ると失敗しがち」芸能人メイク3パターン

※ 結婚会見の北川景子に変化が!幸せキャッチ「愛され眉」2つの秘密

※ 吉高由里子や黒木メイサ風に!華やか「一重まぶた」アイメイク術

※ 手持ちコスメに混ぜてなお良し!「ニベア青缶」コスパ最強使用法3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ 見違える!お気に入り通勤ニットを「長持ちさせる洗濯のコツ」3つ

※ 2位竹野内豊より納得!「女の好みがうるさそうな男性」圧倒的1位は

 

【画像】

※ AlikeYou / Shutterstock