1月17日は「おむすび」の日!冷えたお米で賢く痩せるスリム化計画

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月17日は阪神淡路大震災が起きた日。不安と絶望のどん底にいた被災者へ、ボランティアの人々がおむすびを作って配ったことから、この日が「おむすびの日」と制定されました。

そんなおむすびは栄養の面でとても優れた食べ物で、ダイエットにも活かせるメニューです。今回は、おむすびを利用したダイエットの魅力に迫ってみましょう。

 

おむすびがダイエット向きなわけ

白いごはんは和食の基本で、その中には実にさまざまな栄養が含まれています。糖質、タンパク質、ビタミンB類、E、鉄、マグネシウムとバランスがとてもよく、古くから“万能食”と言われているのです。

しかも意外に感じられるかもしれませんが、食物繊維も含まれており、ごはんを食べることで万遍なく栄養を摂ることが可能になるんです。

白米ではなく玄米にすればビタミンやミネラル、それに食物繊維の量が大幅にアップしてさらに優秀な一品になるのです。

 

冷えたおむすびでダイエット効果アップ

また、おむすびは作ってから時間を置いて冷えたものの方が、ダイエットの上ではマル。

あたたかいごはんに含まれるでんぷんが、冷えてくるとレジスタントスターチと呼ばれる成分に変わります。この成分は消化、吸収されにくく、体内の余分な糖分や脂質を包み込み、食物繊維と似た働きをしてくれるのです。

だからダイエットをするなら、あたたかいおむすびより、あえて冷やしたおむすびを頂くのがおすすめです。

 

おむすびアレンジ

ダイエット時のおむすびの具には、マヨネーズを使ったものは避け、梅干しやこんぶなどのシンプルなものが最適です。それでも味に飽きたときは、オイルをごはんに混ぜてからにぎる“オイルおむすび”もおすすめ。オリーブオイルやココナッツオイルなどのヘルシーなオイルを使えば、便秘解消や美肌効果も期待できます。

詳しくは過去記事の「冬痩せに“オイルおにぎり”!痩身のプロおすすめの必勝食とは」でご紹介しています。

 

短時間で作れる上にアレンジも豊富なおにぎりです。ダイエット中なら、ぜひランチを手作りおにぎりに変えてみませんか?

 

【関連記事】

※ あえて「冷や飯」いただきます!ダイエット中のお米の食べ方新発見

※ 1食500kcalの秘密!タニタ式に学ぶ「健全な痩せご飯」テク5つ

※ 間違えるとおデブ一直線!「高カロリーなお酒・麺・パン」ランキング

※ 1月中にリセット!みるみる痩せ子の「ノーストレスダイエット」3法則

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ 仕事デキない原因に!? 無意識にやりがち「実はNG食習慣」3つ

※ 正月太りを解消!「よく咀嚼するだけダイエット」の驚くべき効果