始めた人から…脂肪リセット!家で簡単「ノーストレス」エクサ一覧

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月を終え、飲み食いとだらけた生活ですっかりボディが緩んでしまっていませんか? ついてしまった脂肪は定着してしまう前に落とすのが、体型キープの鉄則です。

そこで今回は顔、ウエスト、脚と気になるパーツ別に、簡単に自宅でできるエクササイズをご紹介します。どれもハードな運動ではないので、どんなに運動嫌いや運動オンチの方でもトライできますよ。

 

1:フェイスの引き締め

ちょっとでも顔にお肉がつくとぼやけてしまうのが、顎から耳までのフェイスライン。そんなフェイスラインをシュッと引き締めるエクササイズには「あ・い・う・え・お」を一言一言はっきり、ゆっくりと発音する「あいうえおエクササイズ」がおすすめ。

オーバーなくらい顔全体を使って発音すると、頬や口のまわり、首筋などの筋肉をたくさん使っているのがわかります。すると普段はあまり使われていなかった顔の筋肉が刺激され、フェイスラインだけでなく、顔全体のたるみ解消や小顔効果も期待できることでしょう。

顔を真上に上げて天井を見た状態で、舌を思いっきり上に出して10秒キープする「舌出しエクサ」も、フェイスラインをシャープにするために有効です。

過去記事「よし小顔!口の中でクルクルするだけ“舌トレ”でむくみ解消」や、「フェイスライン…キュッ!“あいうえお変形体操”で冬のむくみ解消」も参考に!

 

2:簡単ポーズで足痩せ

ダイエットを試みても下半身が細くなりにくい原因は、リンパの流れが悪いことにあります。寒い季節は特に運動量が減ってしまうため、血流もリンパも滞りがちで老廃物が蓄積してしまい、それによってなかなか下半身がすっきりとしないのです。

そんなときは、上半身は床に仰向けに寝た状態で脚を垂直に近い感じで壁に立て掛け、5~10分そのままのポーズを維持してみましょう。脚に溜まった老廃物が、重力で自然と流れていきます。これは、痩身サロンでこれまで5,000人以上の女性を施術した経験をもつ美容ライターが、自身の生活でも行っているものです。

このほかにも下半身のリンパの流れを促すポーズがあり、「脚痩せに直結!“老廃物がザザーッと流れる”痩身のプロ実践3ポーズ」で動画付きでご紹介しています。

 

3:ウエスト&太もも痩せ

ぽっこりお腹やウエストのくびれに効果的なのが、お腹を左右にひねる行為。肩幅くらいに両足をひらいて立ち、左右各10回くらい腰をひねって、ゆるんでしまったお腹のお肉に刺激を与えてあげましょう。

また太ももには簡単スクワットを。両腕を肩の高さまで横に上げた状態で、足は肩幅よりやや広めに開いて立ちます。そこから両膝を何度かゆっくり曲げ、また伸ばしていき、10回ほど繰り返します。

膝を曲げるときに前傾姿勢になりがちですが、背筋はまっすぐにキープしたまま行うのがポイント。正しいやり方でできているか、「1日10秒!運動嫌いでもラクラク“お腹&太もも”ストンと痩せエクサ」の動画でチェックしてみてくださいね。

 

ダイエットは「ヤバい」と思ったときこそ、すぐに始めるべきです。さっそく今日から挑戦してみてはいかがですか?

 

【関連記事】

※ 1日たった10秒!驚くほど「ぼやけたフェイスライン」がシャープになるテク

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

 

【おすすめ記事(PR)】

洗顔後はコレ1本!【乾燥タイプ別】新発想スキンケアとは

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

げっ…まだやってるの?「敏感肌を招く」絶対やってはいけないケア3つ

 

【姉妹サイト】

※ 2位佐藤健よりゲス?「彼女を振るとき冷たそうな男性」1位は…

※ 男子禁制!出会いも恋も呼び込む「モテ子の魔法級テク」3つ

 

【画像】

※ liza54500 / Shutterstock