3日で-2kgも…!冬でも理想バディ「食べても痩せ子」の最強朝食4選

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一日の始まりでもある朝食。しっかりエネルギーチャージをして、朝から元気に頑張りたいですよね。とはいえ、ダイエット中の女性にとって、朝食のメニュー選びは一苦労。

本音をいえば、「腹持ちよく、低カロリー」が理想という方がほとんどなのでは? そんな都合のイイ話……あるんです!

そこで今回は、“しっかり食べても痩せ子”が好む!最強朝食を4つご紹介します。

 

■1:焼きトマト

筆者が過去に挑戦したのが、朝食焼きトマトダイエット。トマトを焼いて食べるだけの、超簡単ダイエットなのですが……驚くことなかれ! たったの3日間で-2kgほど体重が落ちてしまったのです。

トマトを加熱することで、カラダの老廃物を排出する働きのあるリコピンがより吸収されやすくなり、さらにカラダを温め、代謝が上がります。

トマトだけでは飽きるという方は、バルサミコ酢やとろけるチーズをトッピングするなど、味を変えると長続きしやすくなりますよ。

 

■2:チアシードヨーグルト

海外セレブから火がついたスーパーフード、“チアシード”。日本では、ミランダ・カーが愛用していることで有名になったとか。

チアシードには、オメガ3脂肪酸をはじめ、アミノ酸や食物繊維など多くの栄養素が含まれています。さらに、水分を含むと約10倍にも膨れ上がり、満腹効果は抜群。ヨーグルトに混ぜ、3時間ほど置くと、プチプチとした食感を美味しく楽しめますよ。

 

■3:グレープフルーツ×パイナップルスムージー

先日、朝から都内の某ジューススタンドでは女性の行列が! 筆者も並んでみると、皆がこぞって注文していたのが“グレープフルーツ×パイナップルスムージー”でした。

グレープフルーツは低カロリーなうえ、苦味成分であるナリンギンは、ポリフェノールの一種でアンチエイジング効果に優れています。一方のパイナップルには、脂肪を分解し、代謝をアップさせてくれるビタミンB1が含まれているので、アンチエイジングやダイエット効果を求める女性にはピッタリ!

 

■4:サーモンソテー

ちょっぴり時間がある日は、サラダとサーモンソテーはいかがでしょう。

実は、サーモンに含まれる糖質は100gあたりわずか0.1gと、魚介類のなかでも、かなり低糖質なのです。ダイエットにはもちろんのこと、サーモンの赤い天然色素の一種である“アスタキサンチン”には、高い抗酸化力が含まれており、アンチエイジング効果も期待できますよ。

 

いかがでしたか? 腹持ちよく、痩せ体質へと導いてくれる最強朝食を味方につけて、最短でスリムボディを手に入れたいですね。

 

【関連記事】

※ 1ヶ月で-5kg減も!スルスル体重下降「痩せ子のスゴ技朝食」3つ

体重がみるみる増える人は答えられない「魔の質問がある」と判明

脂肪がメラメラ&ボーボー!「痩せ子の最強朝食」出揃いました

※ 【-10kg減痩せた】最強ダイエット朝食は…「●●と卵料理」です!

目覚めもスッキリ!代謝ぐんぐんUP「朝食カレー」で痩せ体質に

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

 

【姉妹サイト】

※ 2位紗栄子よりムカつく!最新版「イラッとするママタレ」1位は

※ そのままじゃヤバイ!「共働きレス夫婦」にありがち旦那の本音3つ