残酷なほど…悪目立ち!30代が陥る「ヤバ~い時代遅れメイク」3連発

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋服は毎日違うコーデを選びますが、メイクはほぼ同じアイテムを使っている方が多いのではないでしょうか? 30代の女性は既に自分のスタイルを確立し忙しいライフスタイルを送っているので、新しいメイクに挑戦するのが難しい年頃かもしれません。

そこで今回は、30代が陥りがちな“おかしなメイク”を3つお届けしたいと思います。さあ、あなたにも当てはまるかどうかチェックしてみて。

 

1:アーチ眉

over35、アラフォー世代に多いのがアーチ眉。安室ちゃんが細眉を一世風靡させた頃に青春を送っていた年頃の女性のなかには、さすがに10代の頃の安室ちゃんほどの細眉は卒業したけれど、まだまだ眉にアーチがついている方も多いのでは?

今年はまだ太眉や自然な並行眉毛がトレンド。眉山にアーチをつけすぎずに、眉下や眉上にもアイブロウパウダーで眉毛を足してあげるのがポイントです。

過去記事「アレッ…太った?顔がブクブク大きく見える“残念な眉の描き方”3例」では、眉のシェイプ、眉毛の幅、眉頭の位置などについて細かく図解しているのでご覧ください。

「悲劇的な古クサ顔に!鏡の位置も重要“眉メイクの陥りがちNG”5つ」では、眉メイクを上手に施すコツを伝授していますので、参考にしてみて。

 

2:派手な色のカラーマスカラやカラーアイライン

ビビッドブルーのマスカラやアイラインをばっちりつけるのが流行っていたのは、90年代初頭ではなかったでしょうか。30代後半以降ならアノ時代を覚えているのでは?

今もまたカラーマスカラやカラーアイラインが旬ですが、昔とは付け方が違います! 昔は上下まつげにブルーのマスカラをびっちり付けたり、グリーンのアイラインで目を囲んでいましたが、今の時代には通用しません。

今年は目尻や目頭、下まつげ、まつげの先端だけなど、ピンポイントでカラーをつけるのがオシャレ。特にこれから春にかけては、パープル、ピンク、グリーン、アクアブルーなど明るいパステルカラーのマスカラやアイライナーが流行ります。

カラーライナーは、パール入りのキラキラしたものが旬。大人女子は目頭や目尻にちょこっと引いてあげると、エフォートレスなモード顔になりますよ。

 

3:マットな赤い口紅

真っ赤な口紅といえばバブルの頃の今井美樹さん。と聞いてわかっちゃうあなた、まさか昔と同じような赤い口紅の塗り方をしていませんか?

今っぽい赤い唇にするには、できるだけシアーな艶がある口紅を選んで。昔のようにリップライナーで唇を囲んだ上にリップブラシで口紅を塗っちゃうと古臭くなります。

口紅は指でぽんぽんと唇にのせて。唇の中央にグロスをオンしてうるっとさせるのが自然。特に口元のたるみが始まったアラサーやアラフォーは、べったりマットに赤い口紅を塗っちゃうと口元がしぼんで見えてしまいます。

 

昔流行ったからといって同じメイクをしていませんか? カラーは同じでも質感や付け方は進化しているので、気をつけて下さいね。

 

【関連記事】

※ 残酷ですが…目立ってます!「ほうれい線くっきり」勘違いメイク3連発

太眉ブームだけど…残念!急増する「眉盛り過ぎ女子」のNG4つ

いるいる…って私も?かかしに寸胴「眉毛のせいで微妙な顔」5タイプ

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

 

【姉妹サイト】

※ 「食前or食後」怒られないのはどっち?謝罪にベストな時間帯が判明

※ 仕事デキない原因に!? 無意識にやりがち「実はNG食習慣」3つ

 

【画像】

※ © subbotina / 123RF.com