冬の悲劇…「化粧ノリ最悪粉ふき肌」を陶器肌に変える!プチケア3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お肌がカサカサで皮がむけたり、ファンデのノリが最悪になったり……。冬は乾燥が激しく、スキンケアを保湿タイプのものに変える方は、きっと多いかと思います。それでも、乾燥して“粉ふき肌”になってしまうこと、ありますよね?

そこで今回は、“チョイ足しするだけで、粉ふきを抑えられる方法”を3つご紹介します。

 

■1:“ピーリング”で角質除去!

粉ふきしてしまうほどの乾燥肌には、とにかく保湿スキンケアを行うのが一番なのですが、合わせてピーリングも定期的に行うとよいです。ピーリングを行うことで粉がふいた角質が皮膚から剥がれ、擦り落とされるので、その下から新しい肌が表面に出てきます。

ピーリングしたお肌は、スキンケアの浸透力も高まります。商品に記載されている使用頻度を守り、ピーリングを取り入れてみると乾燥が改善されるでしょう。

 

■2:乳液・ファンデ……“美容オイル”をチョイ足し!

普段使っているリキッドファンデーション、クリームファンデーションに、美容オイルを1~2滴混ぜてから使ってみてください。保湿力がアップするだけでなく、伸びがよくなることで使用量が少なくても済むので、ファンデーションを長持ちさせることもできます。

ファンデが薄づきになるのが嫌な方は、乳液に美容オイルを1~2滴混ぜて使用するのも良いでしょう。

 

■3:“ミスト化粧水”で日中保湿!

日中、粉ふきしてしまった時は、保湿タイプのミスト化粧水を吹きかけるのがオススメです。吹きかけたあとは、手のひらでお肌を覆い、密着させるように温めながら浸透させ、馴染ませましょう。

ミスト化粧水以外にも、日中用クリームなども発売されているので、乾燥がひどい場合にはこちらもオススメですよ。

 

乾燥肌はシワを作りやすくし、老化を速めてしまいます……。ちょい足しケアでしっかりと保湿をして、誰もがうらやむ陶器肌を目指しましょう!

 

【関連記事】

※ 4つのルール守るだけ!私の「敏感・乾燥肌」を救った体の洗い方

※ 入浴前の全身シャワーはNG?乾燥が加速する「バスタイムの悪習慣」3つ

※ しっかり保湿…できてない!「オイル美容」効果台無しのNGケア3つ

※ 2位の目元より見られてる!「男がオバ認定するシワ」悲しき1位は…

※ なぜか「1日中メイクしたて女子」の秘密!時間帯別3つの技ありテク

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

 

【姉妹サイト】

※ 医師も実践する「肝臓温めるだけダイエット」の超簡単なその方法

※ ヤダ…私!? 同僚男子に「コイツ女捨ててるな」と思われるNG特徴3つ